Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IP電話サービス「FUSION IP-Phone」が
Asterisk接続に正式対応

Linux・BSDで動作するオープンソースのIP-PBXソフトウェア

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/04/26 11:25

 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は21日、IP電話サービス「FUSION IP-Phone」への「Asterisk(アスタリスク)」接続に正式対応した。

 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は21日、IP電話サービス「FUSION IP-Phone」に、オープンソースのIP-PBX(構内電話交換機)サーバ「Asterisk(アスタリスク)」を正式対応させた。Asterisk用の修正パッチを配布している。

 フュージョンは楽天グループの電気通信事業者で、マイラインやIP電話、楽天モバイルなどを展開している。Asterisk対応に関しては、昨年11月からパッチを限定公開し、接続検証を行ってきた。正式対応にあたり、Asteriskソリューションを提供する企業を対象に「フュージョン Asteriskパートナー・アライアンス」を展開するとしている。

 AsteriskはLinuxやBSDなどで動作するIP-PBXソフトウェアで、米デジウム(Digium)社がオープンソースで開発している。高価なPBX専用機を利用しなくとも、市販のPCで構内電話交換機能を実現できることから、北米のIP-PBX市場ではOSS製品が18%のシェアを占めるほどメジャーな存在になっている(2008年、The Eastern Management Group, Inc.調べ)。

 サービスの詳細および配布パッチに関してはFUSIONの専用サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
ニュースリリース2010 | フュージョン、Asterisk接続、正式対応開始
Asterisk | The Open Source Telephony Project

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5