Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「NVIDIA Parallel Nsight」リリース、Visual Studio上でGPGPU開発が可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/16 16:30

 米NVIDIAは16日(現地時間)、Microsoft Visual Studioの拡張機能として動作するGPUコンピューティング用の開発支援ツール「NVIDIA Parallel Nsight」をリリースした。

 米NVIDIAは16日(現地時間)、GPUコンピューティング用の開発支援ツール「NVIDIA Parallel Nsight」(以下、Parallel Nsight)をリリースした。

 Parallel Nsightは、並列処理能力が高い画像処理用のGPUを使って、画像処理以外の汎用目的演算(GPGPU)を行うアプリケーションを開発するためのツール。ユーザーの多いMicrosoft Visual Studioの拡張機能として動作し、使い慣れた開発環境上でシームレスにCUDA C/C++やDirectComputeのデバッグが行える。各種の解析ツールも用意されており、GPGPUアプリケーションのパフォーマンスチューニングにも役立つ。

 また、グラフィックス・デベロッパーが必要とするさまざまなツールも用意されているため、HPCだけでなくDirectX 11グラフィックスの開発環境としても使用できる。主な機能として、HLSLグラフィックス・シェーダーをGPU上で直接デバッグできる「Graphics Debugger」や、DirectXレンダリングのコールとGPUパイプラインの状態をリアルタイムにチェックし、最適なGPUコードを生成する「Graphics Inspector」、あるピクセルに影響を与える演算を洗い出すことが可能な「Pixel History」などがある。

 動作環境は、Windows HPC Server 2008、Windows 7/Vista。対応するMicrosoft Visual Studioのバージョンは、2008 SP1 Standard Edition以降となっている。価格は、Standard版は無償、Professional版は初年度が349米ドル、以降299米ドル。

 この他、CUDAソフトウェア開発キット(SDK)の最新版、CUDAツールキット3.1もリリースされた。CUDA Toolkit 3.1のページからダウンロードできる。

 Parallel Nsightの詳細およびダウンロードは、公式サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
NVIDIA Parallel Nsight公式サイト(英語)
NVIDIA Parallel Nsight(日本語サイト)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5