SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Infragistics NetAdvantageチュートリアル(PR)

Silverlight/WPFでデータバインディングを利用しOutlookライクなスケジュールを構築する その1
Silverlight編

Silverlight/WPFでOutlookライクなアプリ構築(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NetAdvantage for Silverlight / NetAdvantage for WPF にはスケジュールを管理するために活用できる、xamSchedule コントロールが含まれています。この xamSchedule コントロールを活用することで Microsoft Outlook ライクなスケジュール表示を行うことが可能です。今回から複数回に分けて、この xamSchedule コントロールの活用方法について解説し、リッチなスケジュール画面を構築します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 NetAdvantage for Silverlight / NetAdvantage for WPF にはスケジュールを管理するために活用できる、xamSchedule コントロールが含まれています。この xamSchedule コントロールを活用することで Microsoft Outlook ライクなスケジュール表示を行うことが可能です。今回から複数回に分けて、この xamSchedule コントロールの活用方法について解説し、リッチなスケジュール画面を構築します。

対象読者

 Visual Basic 2010, Visual C# 2010, Expression Blend 4, XAML を使ってプログラミングをしたことのある人。XAML プラットフォームにおいてのデータ バインディングについて基本的な理解を持っている人

必要環境

 Visual Basic 2010 あるいは Visual C# 2010, Expression Blend 4 でプログラムが作れる環境。サンプルは Visual Studio 2010 Ultimate, Silverlight 4, WPF4 にて作成しています。また、Windows 7 Ultimate 64bit 版において動作を検証しています。

プログラム実行時の注意環境

Silverlight 4 の場合

 あらかじめ Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010 がインストールされていることを確認してください。インストーラーはこちらより入手可能です。サンプル ソリューションを Visual Studio 2010 または Expression Blend 4 で開き実行します。

WPF4 の場合

 あらかじめ、.NET Framework 4 ランタイムがインストールされていることを確認してください(Visual Studio 2010 セットアップ時に自動的にインストールされます)。単体のランタイムはこちらより入手可能です。

コンポーネントのインストールならびに製品ラインナップ

 はじめて NetAdvantage for Silverlight LOB, NetAdvantage for WPF LOB を使用する場合は、事前にソフトウェアをインストールする必要があります。インフラジスティックス社の Web ページからインストーラーをダウンロードしてください。両プラットフォームを含め、すべてのプラットフォーム対応版をインストールする場合、NetAdvantage Ultimateを選択し、こちらからダウンロードを行います(サイトへの登録が必要になります)。NetAdvantage Ultimate 2010 Volume 3 Complete はサンプル、ヘルプ全てを含んでおり、NetAdvantage Ultimate 2010 Volume 3 Full はコントロールのみ含まれています。この製品は有償ですが、20日間全ての機能を使用できるトライアル版として利用が可能です。

NetAdvantage for Silverlight LOB, NetAdvantage for WPF LOB について

 Silverlight 版 は 2009 年に日本初の Silverlight 対応コンポーネントとして、WPF 版は 2007 年に世界初の WPF 対応コンポーネントとして発売が開始され、原稿執筆時点での日本語版最新バージョンは 2010 Volume 3 となります。収録されているコントロールの特徴として、高機能、高パフォーマンスを実現したデータグリッド、ツリー、チャート、そして今回紹介するスケジュール コントロールを備え、リッチクライアント、RIA 開発の効率を高めます。また、2010 Volume 2 より両プラットフォームでのソースコード統合が図られ、プラットフォーム間でのポータビリティが向上しました。製品サンプルについてはこちらからオンラインで確認することも可能です。

次のページ
xamSchedule コントロール - ビュー

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Infragistics NetAdvantageチュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

インフラジスティックス・ジャパン株式会社 池原 大然(イケハラ ダイゼン)

国内ベンチャー企業にて.NETエンジニアとして開発に従事、2007年インフラジスティックス・ジャパンに入社。現在デベロッパー エバンジェリストとして、.NETやWPF/Silverlight製品や技術の啓蒙活動を行う。Microsoft MVP for Client App Dev 2010/04 ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/5669 2010/12/27 17:28

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング