SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Infragistics NetAdvantageチュートリアル(PR)

Silverlight/WPFでデータバインディングを利用しOutlookライクなスケジュールを構築する その1
Silverlight編

Silverlight/WPFでOutlookライクなアプリ構築(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NetAdvantage for Silverlight / NetAdvantage for WPF にはスケジュールを管理するために活用できる、xamSchedule コントロールが含まれています。この xamSchedule コントロールを活用することで Microsoft Outlook ライクなスケジュール表示を行うことが可能です。今回から複数回に分けて、この xamSchedule コントロールの活用方法について解説し、リッチなスケジュール画面を構築します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 NetAdvantage for Silverlight / NetAdvantage for WPF にはスケジュールを管理するために活用できる、xamSchedule コントロールが含まれています。この xamSchedule コントロールを活用することで Microsoft Outlook ライクなスケジュール表示を行うことが可能です。今回から複数回に分けて、この xamSchedule コントロールの活用方法について解説し、リッチなスケジュール画面を構築します。

対象読者

 Visual Basic 2010, Visual C# 2010, Expression Blend 4, XAML を使ってプログラミングをしたことのある人。XAML プラットフォームにおいてのデータ バインディングについて基本的な理解を持っている人

必要環境

 Visual Basic 2010 あるいは Visual C# 2010, Expression Blend 4 でプログラムが作れる環境。サンプルは Visual Studio 2010 Ultimate, Silverlight 4, WPF4 にて作成しています。また、Windows 7 Ultimate 64bit 版において動作を検証しています。

プログラム実行時の注意環境

Silverlight 4 の場合

 あらかじめ Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010 がインストールされていることを確認してください。インストーラーはこちらより入手可能です。サンプル ソリューションを Visual Studio 2010 または Expression Blend 4 で開き実行します。

WPF4 の場合

 あらかじめ、.NET Framework 4 ランタイムがインストールされていることを確認してください(Visual Studio 2010 セットアップ時に自動的にインストールされます)。単体のランタイムはこちらより入手可能です。

コンポーネントのインストールならびに製品ラインナップ

 はじめて NetAdvantage for Silverlight LOB, NetAdvantage for WPF LOB を使用する場合は、事前にソフトウェアをインストールする必要があります。インフラジスティックス社の Web ページからインストーラーをダウンロードしてください。両プラットフォームを含め、すべてのプラットフォーム対応版をインストールする場合、NetAdvantage Ultimateを選択し、こちらからダウンロードを行います(サイトへの登録が必要になります)。NetAdvantage Ultimate 2010 Volume 3 Complete はサンプル、ヘルプ全てを含んでおり、NetAdvantage Ultimate 2010 Volume 3 Full はコントロールのみ含まれています。この製品は有償ですが、20日間全ての機能を使用できるトライアル版として利用が可能です。

NetAdvantage for Silverlight LOB, NetAdvantage for WPF LOB について

 Silverlight 版 は 2009 年に日本初の Silverlight 対応コンポーネントとして、WPF 版は 2007 年に世界初の WPF 対応コンポーネントとして発売が開始され、原稿執筆時点での日本語版最新バージョンは 2010 Volume 3 となります。収録されているコントロールの特徴として、高機能、高パフォーマンスを実現したデータグリッド、ツリー、チャート、そして今回紹介するスケジュール コントロールを備え、リッチクライアント、RIA 開発の効率を高めます。また、2010 Volume 2 より両プラットフォームでのソースコード統合が図られ、プラットフォーム間でのポータビリティが向上しました。製品サンプルについてはこちらからオンラインで確認することも可能です。

xamSchedule コントロール - ビュー

 xamSchedule には 日単位での表示を行う XamDayView コントロール、月単位での表示を行う XamMonthView コントロール、Outlook 2010 で導入された横時間軸表示を行う XamScheduleView コントロールが用意されています。

図1 日単位での表示を行う XamDayView
図1 日単位での表示を行う XamDayView
図2  月単位での表示を行う XamMonthView
図2  月単位での表示を行う XamMonthView
図3 横時間軸の XamScheduleView
図3 横時間軸の XamScheduleView

 各ビューでは予定のドラッグを行ったり、コンポーネントに付属しているダイアログを使用し、情報を更新したりすることが可能です。

図4 予定ダイアログ
図4 予定ダイアログ

xamSchedule コントロール - データ マネージャー

 xamSchedule では予定を XamScheduleDataManager コントロールで一元的に管理するため、各ビュー間でのデータの同期を容易に行うことが可能になります。予定以外にも稼働日(例 月~金)や稼働時間(例 09:00 - 18:00)などを設定可能です。このコントロールはコントロールとしては何も画面に表示しません。

xamSchedule コントロール - データ コネクター

 xamSchedule では独自のデータ構造を使用し予定情報を保存しています。この予定情報を DB に保存する、あるいは要件に合わせて予定情報のスキーマを変更するために DB と データ マネージャーの間を取り持つデータ コネクター クラスが用意されています。現在のバージョンでは次の 3 つの選択肢が存在します。

コネクター名 概要
WCFScheduleConnector WCF サービスを使用するコネクター
ListScheduleConnector 汎用的に使用できるコネクター
データ項目に IEnumerable インターフェースを実装したリスト項目をバインド可能
ScheduleConnectorDataBase カスタム コネクターを実装するためのベース クラス
そのままでは使用できない

xamSchedule コントロール - データ構造

 xamSchedule コントロールを使用して予定を表示させる場合、それぞれのエンティティで最低限次のデータ構造を設定する必要があります。ただし、Appointment、Journal、Task に関しては使用しない場合、定義する必要はありません。下記のエンティティは C# の型として記載しています。

Resource - スケジュールのリソース(人、会議室など)を表します。

エンティティ名 概要
Id String 一意の値(非 Null 許容)

ResourceCalendar - リソース毎のカレンダーを表します。リソースは複数のカレンダーを持つことも可能です。

エンティティ名 概要
Id String 一意の値 (非 Null 許容)
OwningResourceId String リソース ID(非 Null 許容)

Appointment / Journal / Task - 予定、履歴やメモ、タスクを表します。

エンティティ名 概要
Id String 一意の値 (非 Null 許容)
Start DateTime 開始時刻(非 Null 許容)
End DateTime 終了時刻(非 Null 許容)
Task, Appointment は必須、Journal はオプション
OwningResourceId String 項目を保持しているリソース
(非 Null 許容)
OwningCalendarId String 項目が属しているカレンダー。
リソース カレンダーを使用する場合に必要
(非 Null 許容)
IsTimeZoneNeutral bool タイム ゾーンに関係なく発生する項目をサポートする場合に必要
ReminderInterval TimeSpan アラームの間隔
ReminderEnabled bool アラームの使用
Recurrence String 繰り返しをサポートする場合に必要
RootActivityId String 繰り返し項目のルート項目 ID
OriginalOccurrenceStart DateTime 繰り返し項目のオリジナルの開始時刻
OriginalOccurrenceEnd DateTime 繰り返し項目のオリジナルの終了時刻
IsOccurrenceDeleted bool 繰り返しが削除されているかを示すフラグ
VariantProperties long ルート アクティビティと同期されないプロパティ
RecurrenceVersion int 繰り返しのバージョン

 上記の項目以外にも予定の件名や現在のリソースの主カレンダー設定などのエンティティが定義されています。詳細については次の各クラスを参照してください。

ソリューションを作成し、データ クラスを定義

 今回は、.NET Framework 4 並びに Silverlight 4 のアセンブリ共有の仕組みを利用し、データ モデルを一元化するサンプルを作成します。また、各データについてはデータ バインディングの仕組みを用いてコントロールにスケジュール情報を表示させます。まず、Visual Studio 2010 を起動し、空のソリューション "xamSchedule" を作成します。

図5 空のソリューションを作成
図5 空のソリューションを作成

 作成したソリューションに Silverlight クラス ライブラリを "ScheduleDataViewModel" と名付け、追加します。その際、ターゲットとするバージョンは Silverlight 4 を指定します。

図6 Silverlight クラス ライブラリを作成
図6 Silverlight クラス ライブラリを作成

 あらかじめ作成されている Class1.cs ファイルを削除し、新たに ViewModelBase クラスを作成します。

図7 ViewModelBase.cs クラスを追加
図7 ViewModelBase.cs クラスを追加

 このクラスでは INotifyPropertyChanged インターフェースの実装を行い、さらに、OnPropertyChanged メソッドの実装を行います。このインターフェースを実装することで、今後ロジック側において、プロパティの値が変更された場合にビュー(UI)側に変更通知が行われます。

コード1 ViewModelBase.cs
using System.ComponentModel;

namespace ScheduleDataViewModel
{
    public class ViewModelBase : INotifyPropertyChanged
    {
       public event PropertyChangedEventHandler PropertyChanged;
       protected void OnPropertyChanged(string propertyName)
       {
           if ( PropertyChanged != null )
            PropertyChanged(this, new PropertyChangedEventArgs(propertyName));
       }
    }
}

 続けて、Resource , ResourceCalendar, Appointment エンティティを実装した、ResourceInfo,ResourceCalendarInfo, AppointmentInfo クラスを実装します。ResourcInfo クラスには PrimaryResourceCalendarId という現在のリソースの主カレンダーを保持するエンティティを追加します。

コード2 ResourceInfo.cs
namespace ScheduleDataViewModel
{
    public class ResourceInfo : ViewModelBase
    {
        #region プロパティ
        
        private string _id;
        public string Id
        {
            get { return _id; }
            set
            {
                _id = value;
                OnPropertyChanged("Id");
            }
        }

        private string _primaryResourceCalendarId;
        public string PrimaryResourceCalendarId
        {
            get { return _primaryResourceCalendarId; }
            set
            {
                 _primaryResourceCalendarId = value;
                 OnPropertyChanged("PrimaryResourceCalendarId");           
            }
        }
        #endregion
    }
}
コード3 ResourceCalendarInfo.cs
namespace ScheduleDataViewModel
{
    public class ResourceCalendarInfo : ViewModelBase
    {
        #region プロパティ
        private string _id;
        public string Id
        {
            get { return _id; }
            set
            {
                _id = value;
                OnPropertyChanged("Id");
            }
        }
        private string _owningResourceId;
        public string OwningResourceId
        {
            get { return _owningResourceId; }
            set
            {
                _owningResourceId = value;
                OnPropertyChanged("OwningResourceId");
            }
        }
        #endregion
    }
}
コード4 AppointmentInfo.cs
using System;

namespace ScheduleDataViewModel
{
    public class AppointmentInfo : ViewModelBase
    {
        #region プロパティ

        private string _id;
        public string Id
        {
            get { return _id; }
            set
            {
                _id = value;
                OnPropertyChanged("Id");
            }
        }

        private DateTime _start;
        public DateTime Start
        {
            get { return _start; }
            set
            {
                _start = value;
                OnPropertyChanged("Start");
            }
        }

        private DateTime _end;
        public DateTime End
        {
            get { return _end; }
            set
            {
                _end = value;
                OnPropertyChanged("End");
            }
        }

        private string _owningResourceId;
        public string OwningResourceId
        {
            get { return _owningResourceId; }
            set
            {
                _owningResourceId = value;
                OnPropertyChanged("OwningResourceId");
            }
        }

        private string _owningCalendarId;
        public string OwningCalendarId
        {
            get { return _owningCalendarId; }
            set
            {
                _owningCalendarId = value;
                OnPropertyChanged("OwningCalendarId");
            }
        }

        private TimeSpan _reminderInterval;
        public TimeSpan ReminderInterval
        {
            get { return _reminderInterval; }
            set
            {
                _reminderInterval = value;
                OnPropertyChanged("ReminderInterval");
            }
        }

        private bool _reminderEnabled;
        public bool ReminderEnabled
        {
            get { return _reminderEnabled; }
            set
            {
                _reminderEnabled = value;
                OnPropertyChanged("ReminderEnabled");
            }
        }

        private string _recurrence;
        public string Recurrence
        {
            get { return _recurrence; }
            set
            {
                _recurrence = value;
                OnPropertyChanged("Recurrence");
            }
        }

        private int _recurrenceVersion;
        public int RecurrenceVersion
        {
            get { return _recurrenceVersion; }
            set { _recurrenceVersion = value; }
        }

        private string _rootActivityId;
        public string RootActivityId
        {
            get { return _rootActivityId; }
            set
            {
                _rootActivityId = value;
                OnPropertyChanged("RootActivityId");
            }
        }

        private DateTime _originalOccurrenceStart;
        public DateTime OriginalOccurrenceStart
        {
            get { return _originalOccurrenceStart; }
            set
            {
                _originalOccurrenceStart = value;
                OnPropertyChanged("OriginalOccurrenceStart");
            }
        }

        private DateTime _originalOccurrenceEnd;
        public DateTime OriginalOccurrenceEnd
        {
            get { return _originalOccurrenceEnd; }
            set
            {
                _originalOccurrenceEnd = value;
                OnPropertyChanged("OriginalOccurrenceEnd");
            }
        }

        private bool _isOccurrenceDeleted;
        public bool IsOccurrenceDeleted
        {
            get { return _isOccurrenceDeleted; }
            set
            {
                _isOccurrenceDeleted = value;
                OnPropertyChanged("IsOccurrenceDeleted");
            }
        }

        private long _variantProperties;
        public long VariantProperties
        {
            get { return _variantProperties; }
            set
            {
                _variantProperties = value;
                OnPropertyChanged("VariantProperties");
            }
        }

        private bool _isTimeZoneNeutral;
        public bool IsTimeZoneNeutral
        {
            get { return _isTimeZoneNeutral; }
            set
            {
                _isTimeZoneNeutral = value;
                OnPropertyChanged("IsTimeZoneNeutral");
            }
        }
        #endregion
    }
}

Silverlight アプリケーション プロジェクトを追加し、XamDayView コントロールを画面に追加

 xamSchedule ソリューションに Silverlight アプリケーション プロジェクトを "xamSchedule_SL" と名付け、追加します。その際、Silverlight 4 を選択し、今後のために WCF RIA サービスを有効にします。

図8 Silverlight アプリケーション プロジェクトを追加
図8 Silverlight アプリケーション プロジェクトを追加
図9 Silverlight アプリケーションの設定
図9 Silverlight アプリケーションの設定

 MainPage.xaml を開き、ツール ボックスから XamDayView コントロールを選択し、ドラッグします。コントロールの Width, Height が設定されている場合はクリアしてください。

図10 xamDayView コントロールを追加
図10 xamDayView コントロールを追加

 XamDayView コントロールを追加すると、プロジェクトには次のアセンブリが追加されます。

  • InfragisticsSL4.v10.3.dll
  • InfragisticsSL4.Controls.Schedules.v10.3.dll

 次に XamScheduleDataManager, ListScheduleDataConnector コントロールを追加します。

コード5 MainPage.xaml
<UserControl x:Class="xamSchedule_SL.MainPage"
    xmlns=http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation
    xmlns:x=http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml
    xmlns:d=http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008
    xmlns:mc=http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006
    mc:Ignorable="d"
    d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="400"
    xmlns:ig="http://schemas.infragistics.com/xaml">
    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="White">
        <ig:XamDayView Name="xamDayView1" />
        <ig:XamScheduleDataManager Name="xamScheduleDataManager1" />
        <ig:ListScheduleDataConnector Name="listScheduleDataConnector1" />
    </Grid>
</UserControl>

 追加した XamDayView コントロールの DataManager プロパティに先ほど追加した XamScheduleDataManager コントロールをバインドします。

コード6 XamScheduleDataManager をバインド
<ig:XamDayView Name="xamDayView1"
                DataManager="{Binding ElementName=xamScheduleDataManager1}" />

 XamScheduleDataManager ではデータ コネクターを指定します。

コード7 XamDataConnector をバインド
<ig:XamScheduleDataManager Name="xamScheduleDataManager1"
                    DataConnector="{Binding ElementName=listScheduleDataConnector1}"/>

 これで、ビュー - データ マネージャー - データ コネクター の接続が完了しました。

画面に表示させるデータをコードで生成する

 今回はコード ビハインドを用いて画面に表示するデータを生成します。まず、先ほど作成した ScheduleDataViewModel プロジェクトを xamSchedule_SL プロジェクトに追加します。追加する場合は、プロジェクトの [参照設定] のコンテキスト メニューから [参照の追加] を選択します。その後表示される追加ダイアログで [プロジェクト] タブを選択し、ScheduleDataViewModel を追加します。

図11 プロジェクト参照の追加
図11 プロジェクト参照の追加

 次に xamSchedule_SL プロジェクトに新しいフォルダーを "ViewModels" と名付け作成し、

 そのフォルダー内に新しいクラスを "MainPageViewModel.cs" と名付け、作成します。

図12 フォルダー クラスを追加
図12 フォルダー クラスを追加

 MainPageViewModel.cs クラスでは、先ほど参照を追加した ScheduleDataViewModel を用いて、Resource, ResourceCalendar, Appointment を格納するプロパティを作成します。また、現在のユーザーを示す、CurrentUserId プロパティを実装します。

コード8 MainPageViewModel.cs プロパティ部分
using System;
using ScheduleDataViewModel;
using System.Collections.ObjectModel;

namespace xamSchedule_SL.ViewModels
{
    public class MainPageViewModel : ViewModelBase
    {
        #region プロパティ

        private ObservableCollection<ResourceInfo> _resources;
        public ObservableCollection<ResourceInfo> Resources
        {
            get { return _resources; }
            set
            {
                _resources = value;
                OnPropertyChanged("Resources");
            }
        }

        private ObservableCollection<ResourceCalendarInfo> _resourceCalendars;
        public ObservableCollection<ResourceCalendarInfo> ResourceCalendars
        {
            get { return _resourceCalendars; }
            set
            {
                _resourceCalendars = value;
                OnPropertyChanged("ResourceCalendars");
            }
        }

        private ObservableCollection<AppointmentInfo> _appointments;
        public ObservableCollection<AppointmentInfo> Appointments
        {
            get { return _appointments; }
            set
            {
                _appointments = value;
                OnPropertyChanged("Appointments");
            }
        }

        private string _currentUserId;
        public string CurrentUserId
        {
            get { return _currentUserId; }
            set
            {
                _currentUserId = value;
                OnPropertyChanged("CurrentUserId");
            }
        }
        
        #endregion
        // その他の実装
    }
}

 次にコンストラクタを実装します。今回の記事ではコードでデータを作成します。ここでの注意点としては、予定の開始時刻、終了時刻は世界標準時であるということです。

コード9 MainPageViewModel.csコンストラクタでデータを作成
using System;
using ScheduleDataViewModel;
using System.Collections.ObjectModel;

namespace xamSchedule_SL.ViewModels
{
    public class MainPageViewModel : ViewModelBase
    {
        #region プロパティ
            // 省略
        #endregion

        #region コンストラクタ
        public MainPageViewModel()
        {
            // リソースを作成
            Resources = new ObservableCollection<ResourceInfo>();
            Resources.Add(new ResourceInfo()
            {
                Id = "R0001",
                PrimaryResourceCalendarId = "C0001"
            });

            // リソースカレンダーを作成
            ResourceCalendars = new ObservableCollection<ResourceCalendarInfo>();
            ResourceCalendars.Add(new ResourceCalendarInfo()
            {
                 Id = "C0001",
                 OwningResourceId = "R0001"
            });

            // 予定を追加
            Appointments = new ObservableCollection<AppointmentInfo>();
            Appointments.Add(new AppointmentInfo()
            {
                 Id = "A0001",
                 OwningCalendarId = "C0001",
                 OwningResourceId = "R0001",
                 Start = DateTime.Now.ToUniversalTime(),
                 End = DateTime.Now.AddHours(2).ToUniversalTime(),
            });

            // 現在のユーザー ID を指定
            this.CurrentUserId = this.Resources[0].Id;
        }        
        #endregion
    }
}

 この MainPageViewModel は実行時に MainPage の DataContext に格納します。そのため、MainPage.xaml.cs を開き、コンストラクタで MainPageViewModel のインスタンスを作成します。

コード10 MainPage.xaml.cs
using System.Windows.Controls;
using xamSchedule_SL.ViewModels;

namespace xamSchedule_SL
{
    public partial class MainPage : UserControl
    {
        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();
            MainPageViewModel vm = new MainPageViewModel();
            this.DataContext = vm;
        }
    }
}

 これでスケジュールに表示させるためのデータの作成が完了しました。

データのマッピングを行い、予定を画面に表示させる

 XamDataManager コントロールでは現在のリソース、もしくはリソース ID を CurrentUser, CurrentUserId プロパティに割り当てる必要があります。MainPage.xaml を開き、MainPageViewModel.CurrentUserId を割り当てます。

コード11 CurrentUserId の割り当て
<ig:XamScheduleDataManager Name="xamScheduleDataManager1"
                DataConnector="{Binding ElementName=listScheduleDataConnector1}"
                CurrentUserId="{Binding CurrentUserId}"  />

 さらに、データ コネクター コントロールでは各種情報のコレクションを設定し、それぞれのプロパティをマッピングする必要があります。割り当てるデータのエンティティ名を標準のものにしている場合は、UseDefaultMappings プロパティを True と設定することであらかじめ定義されたマッピングが設定されます。

コード12 データのマッピング
<ig:ListScheduleDataConnector Name="listScheduleDataConnector1"
                    AppointmentItemsSource="{Binding Appointments}"
                    ResourceCalendarItemsSource="{Binding ResourceCalendars}"
                    ResourceItemsSource="{Binding Resources}"  >
    <ig:ListScheduleDataConnector.AppointmentPropertyMappings>
        <ig:AppointmentPropertyMappingCollection UseDefaultMappings="True" />
    </ig:ListScheduleDataConnector.AppointmentPropertyMappings>
    <ig:ListScheduleDataConnector.ResourceCalendarPropertyMappings>
        <ig:ResourceCalendarPropertyMappingCollection UseDefaultMappings="True" />
    </ig:ListScheduleDataConnector.ResourceCalendarPropertyMappings>
    <ig:ListScheduleDataConnector.ResourcePropertyMappings>
        <ig:ResourcePropertyMappingCollection UseDefaultMappings="True" />
    </ig:ListScheduleDataConnector.ResourcePropertyMappings>
</ig:ListScheduleDataConnector>

 全ての XAML は下記のとおりです。

コード13 MainPage.xaml(最終版)
<UserControl x:Class="xamSchedule_SL.MainPage"
    xmlns=http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation
    xmlns:x=http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml
    xmlns:d=http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008
    xmlns:mc=http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006
    mc:Ignorable="d"
    d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="400"
    xmlns:ig="http://schemas.infragistics.com/xaml">
    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="White">
        <ig:XamDayView Name="xamDayView1"
                   DataManager="{Binding ElementName=xamScheduleDataManager1}" />
        <ig:XamScheduleDataManager Name="xamScheduleDataManager1"
                      DataConnector="{Binding ElementName=listScheduleDataConnector1}"
                       CurrentUserId="{Binding CurrentUserId}"  />
        <ig:ListScheduleDataConnector Name="listScheduleDataConnector1"
                            AppointmentItemsSource="{Binding Appointments}"
                            ResourceCalendarItemsSource="{Binding ResourceCalendars}"
                            ResourceItemsSource="{Binding Resources}" >
            <ig:ListScheduleDataConnector.AppointmentPropertyMappings>
                <ig:AppointmentPropertyMappingCollection UseDefaultMappings="True" />
            </ig:ListScheduleDataConnector.AppointmentPropertyMappings>
            <ig:ListScheduleDataConnector.ResourceCalendarPropertyMappings>
                <ig:ResourceCalendarPropertyMappingCollection UseDefaultMappings="True" />
            </ig:ListScheduleDataConnector.ResourceCalendarPropertyMappings>
            <ig:ListScheduleDataConnector.ResourcePropertyMappings>
                <ig:ResourcePropertyMappingCollection UseDefaultMappings="True" />
            </ig:ListScheduleDataConnector.ResourcePropertyMappings>
        </ig:ListScheduleDataConnector>
    </Grid>
</UserControl>

 ソリューションを実行すると、最初にタイムゾーンを指定するダイアログが表示されます。

図13 タイムゾーンの選択
図13 タイムゾーンの選択

 タイムゾーンを選択すると、コードで設定した予定が表示されます。

図14 予定の表示
図14 予定の表示

まとめ

 今回は Silverlight クラス ライブラリに NetAdvantage for Silverlight LOB のスケジュール データ 構造を実装し、画面にデータを表示させました。ビューについては、XamDayView 以外にも XamMonthView, XamScheduleView を用いて全く同じデータを別の形式で表現することが可能になります。Silverlight においてスケジュール管理を行うアプリケーション開発を検討されている場合はぜひ一度試されてはいかがでしょうか。次回は同じデータ構造を WPF で表現する方法についてお伝えします。

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/5669 2010/12/27 17:28

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング