Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフト、GPUコンピューティングに対応する言語拡張「C++ AMP」を開発中

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/17 13:12

 マイクロソフトは15日(現地時間)、イベントにおけるプレゼンテーションにて、未来の技術としてGPUコンピューティング用の言語拡張となる「C++ AMP」について取り上げた。

 「C++ AMP」は、Windowsの開発者のGPUコンピューティングに対する敷居を下げることを意図しており、同社のVisual Studioペースの開発ツールが利用できるようになるという。

 なお、Windows環境でのGPUコンピューティングに関しては、NVIDIAがすでに「CUDA C++」や「Thrust C++テンプレートライブラリ」を提供しており、コードの1~5%程度を並列化し、NVIDIA GPUにマッピングするだけで、GPUによるアクセラレーションが可能になる。

 今回のマイクロソフトのプレゼンテーションに対して、NVIDIAは「C++ AMP」を歓迎するとともに、マイクロソフトと引き続き緊密に協力していくと述べている。


【関連リンク】
マイクロソフト
NVIDIA
MICROSOFT GOING ALL-IN ON GPU COMPUTING(NVIDIAのブログ)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5