Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

at+link、IPMI搭載セルフマネージド専用サーバーを29日より提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/09/21 15:30

 リンクとエーティーワークスが展開するサーバーサービス「at+link」(エーティー・リンク)は、ソーシャルアプリ向け専用サーバーの安価なパッケージ「at+link ユニットサーバサービス」の提供を、29日から開始する。

 「at+link ユニットサーバサービス」は、S3/M5/L10の3種類のプラン(ラックサイズ)を用意しており、各プランでそれぞれ最大3台/5台/10台のサーバを稼働できる。サーバーは、Core 2 Duo搭載マシンまたは、Core i7搭載マシンを選択可能。今後は、Xeon搭載マシンの提供も予定しているという。

 標準的なサービスは、CentOS/100Mbpsベストエフォート回線/共用ファイアウォール/IPMI/サービス監視/障害監視/ハードリセット/コンソールからの確認/ハードウェア故障時の対応/トラフィックレポートという内容で構成されている。

 また、オプションでロードバランサー/プレミアムサポート(サーバーへのログインによるトラブル対応、技術的な情報提供)/スポットサポート(プレミアムサポートの内容をスポットで提供)を必要に応じて追加できる。

 料金は、S3が初期費用79,800円、月間利用料29,400円。M5が初期費用109,200円、月間利用料48,300円。L10が初期費用141,750円、月間利用料95,550円。サーバーは初期費用57,750円~、月間利用料は2,100円となっている。


【関連リンク】
リンク
エーティーワークス
「at+link」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5