CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

条件付きコンパイルを使ってOracleの運用コードを効率化する

パフォーマンスを低下させることなく可能な限りデバッグコードを挿入する方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/10/27 00:00

if... then... else呼び出しの繰り返しがパフォーマンスに与える悪影響を心配しているOracle PL/SQL開発者には、条件付きコンパイルをお勧めします。条件付きコンパイルによって、if... then... else呼び出しを運用コードから消し去ることができます。しかも、できることはそれだけではありません。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:japan.internet.com翻訳記事

もっと読む

著者プロフィール

  • japan.internet.com(ジャパンインターネットコム)

    japan.internet.com は、1999年9月にオープンした、日本初のネットビジネス専門ニュースサイト。月間2億以上のページビューを誇る米国 Jupitermedia Corporation (Nasdaq: JUPM) のニュースサイト internet.com や EarthWeb.c...

  • Natalka Roshak(Natalka Roshak)

    カナダのオンタリオ州在住のデータベース管理者、アナリスト、およびアーキテクト。toolkit.rdbms-insight.comにも記事を執筆している。連絡先はwww.rdbms-insight.com/contact.php。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5