Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows Azureの仕組みとAzure VMでWindowsを動かす

Windows Azure Virtual Machineの取り扱い説明書(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年の春にリリースされたWindows AzureのIaaS(Infrastracture as a Service)であるWindows Azure Virtual Machineの使用方法と仕組みについて説明します。

目次

はじめに

 Windows Azure Virtual Machineは、2012 spring release(2012年春のリリース)で、発表されたサービスの一つです。2012 spring releaseでは、AzureでIaaSサービスを提供するVirtual Machine、簡単にすぐにサイトを立ち上げることができるWeb Sites、AzureのNW機能を大幅に拡張するVirtual Networkが発表されました。

 これから複数回にわたって、Windows AzureのIaaSサービスであるWindows Azure Virtual Machineについて見ていきます。Windows Azure Virtual Machineの仕組みと使用方法を説明します。そして、活用例としてSQL ServerやMongoDBを動作させる際のポイント、方法を説明します。

 第1回目は、Windows Azure Virtual Machineの仕様や機能について説明します。

対象読者

  • Windows Azureに興味のある方
  • Windows Serverを使用している方
  • IaaSサービスを検討している方
  • サーバー管理者、開発者

必要な環境

  • WindowsかMac用のリモートデスクトップクライアント
  • Windowsアカウント
  • Windows Azureサブスクリプション

注意事項

 2012年9月時点では、Windows Azure Virtual Machineはプレビュー版として提供されています。プレビュー版では、使用するOSの種類(Windows、Linux)に関係なく同じレートで課金(注1)されます。課金が発生しますが、SLA(Service Level Agreement)およびサポート問い合わせの対象外(注2)となっています。

 Windows Azure Virtual Machineのメンテナンスやアップデートなどで予期せぬ再起動が、2012 Spring Release後も数度発生しています。正式リリースまでは、評価・検証目的でのみ使用し本番サービスでは使用しないことを推奨します。

注1

 SLAの適用対象外であることは、Windows Azureプレビュー機能の使用条件に提示されています。使用条件において「プレビュー機能が Windows Azureに関するいかなるサービス レベル アグリーメントの対象にもならないこと」と記載されています。

注2

Azure VMの概要

 Windows Azureで正式提供されてきたサービスはPaaS(Platform as a Service)と呼ばれるアプリケーションの実行基盤の提供でした。OS、ミドルウェア(.NET Framework)部分をマイクロソフトが管理と監視をし、ユーザーはアプリケーションに注力する形式でした。ユーザーはOSなどの管理をする手間が省ける反面、OSやフレームワークを自由にカスタマイズする自由が制限されていました。

 そこで、OSやミドルウェアをPaaSサービスに比べて自由に触ることができるIaaS(Infrastructure as a Service)として、Windows Azure VMロールがプレビュー版として提供されることになりました。Windows Azure VMロール(注3)は、ローカルのHyper-V上で作成した仮想イメージをWindows Azure上にアップデートして利用するサービスですが、データ領域が永続化されない、イメージを自分でアップロードしなければならないなどの制限が多く、使い勝手があまり良くないサービスでした。

 2012 Spring Releaseで発表されたWindows Azure Virtual Machineは、Windows Azure VMロールとはまったく別のサービスとして提供されています。

 Windows Azure Virtual Machineは、VHD(Virtual Hard Disk)を使用した仮想マシンのホスティング環境と表現できるサービスです。オンプレミスのHyper-V上のVHDと互換性があり、必要に応じてオンプレミスとクラウド間を行き来できます。Hyper-V上で使用していたVHDをWindows AzureストレージのBlobにアップロードすれば、Windows Azure Virtual Machineで使用できます。逆にWindows Azure Virtual Machineで使用していたVHDをダウンロードすれば、Hyper-V上で使用することができます(図1)。

図1 オンプレミスとクラウド間を自由に移動可能(注4
図1 オンプレミスとクラウド間を自由に移動可能(注4)

 WebロールやWorkerロールでは、ホストのコンポーネントの更新やハードウェアの故障時にもアプリケーションが動作するために最低でも2つのインスタンスを使用していれば、稼働率99.95%のSLA(Service Level Agreement)が提示されます。Windows Azure Virtual Machineでは、リリースに合わせ新しいSLAが用意されます。単一インスタンスで99.9%の稼働率のSLAが提示され、アベイラビリティ・セット(注5)を使用して2つ以上インスタンスを使用すれば99.95%の稼働率のSLAが提示される予定です。

注3

 Windows Azure VMロールの詳細については、「Windows Azure 第3のロール VMロール編」を参照。

注4

 Microsoft Architect EvangelistのClint氏(@clinted)のプレゼン資料を日本語に置き換えて使用させていただいている。

注5

 アベイラビリティ・セットを使用すると、仮想マシンはデータセンター内で物理的に分かれたラック上に配置され、ホストOSのアップグレード時に、同時にすべてのVMがアップグレードでメンテナンスダウンしないよう管理されます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 大和屋 貴仁(ヤマトヤ タカヒト )

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Windows Azure Virtual Machineの取り扱い説明書
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5