Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows Azure Virtual Machine上にWindowsやLinuxの仮想マシンを作成する

Windows Azure Virtual Machineの取り扱い説明書(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年の春にリリースされたWindows AzureのIaaS(Infrastracture as a Service)であるWindows Azure Virtual Machineの使用方法と仕組みについて説明します。

目次

はじめに

 Windows Azure Virtual Machineは、2012 spring release(2012年春のリリース)で、発表されたサービスの一つです。2012 spring releaseでは、AzureでIaaSサービスを提供するVirtual Machine、簡単にすぐにサイトを立ち上げることができるWeb Sites、AzureのNW機能を大幅に拡張するvirtual networkが発表されました。

 これから複数回にわたって、Windows AzureのIaaSサービスであるWindows Azure Virtual Machineについて見ていきます。Windows Azure Virtual Machineの仕組みと使用方法を説明します。そして、活用例としてSQL ServerやMongoDBを動作させる際のポイント、方法を説明します。

 第2回目は、Windows Azure Virtual Machine上にWindowsやLinuxの仮想マシンを作成する手順を説明します。

対象読者

  • Windows Azureに興味のある方
  • Windows Serverを使用している方
  • IaaSサービスを検討している方
  • サーバー管理者、開発者

必要な環境

  • WindowsかMac用のリモートデスクトップクライアント
  • Windows アカウント
  • Windows Azureサブスクリプション

Windows Azure Virtual MachineでWindowsを動かしてみよう

 Windows Azure Virtual Machineで、Windowsの仮想マシンを作成する手順をみていきます。仮想マシンを作成しカスタマイズした後、キャプチャしてオリジナルのイメージを作成する方法を確認します。

ギャラリーからWindows仮想マシンを作成する

 ギャラリーには、マイクロソフトが提供するWindows 2008 R2とWindows Server 2012のイメージが登録されています。ここでは、イメージからWindows Server 2012を選択し仮想マシンを作成する手順を説明します。

1)Widows Azure管理ポータルに接続し、プレビューポータルを表示する

 http://windows.azure.comに接続し、ログインします。プレビュー版の管理ポータルに一度も接続がしたことがない場合、ログインすると従来のSilverlightで作成された管理ポータルが表示されます。Windows Azure Virtual Machineは、HTML5で作成されたプレビュー版の管理ポータルで提供されているので、プレビュー版の管理ポータルに切り替えます。プレビューポータルにアクセスするには、画面下部の[プレビューポータルにアクセス]を選択します(図1)。

図1 プレビューポータルへ移動する
図1 プレビューポータルへ移動する
2)Windows Azure Virtual Machineを有効化する

 現在、Windows Azure Virtual Machineはプレビュー版で提供されているため、利用するには別途アクティベートする必要があります。アクティベートするために、下部メニューの[NEW]をクリックします(図2)。

図2 NEWボタン
図2 NEWボタン

 ポップアップしたメニューの左側からグレーアウトされた[VIRTUAL MACHINE]を選択し、右側に表示された[preview program]のリンクをクリックします(図3)。

図3 [preview program]のリンクをクリック
図3 [preview program]のリンクをクリック

 表示されたWindows Azureアカウントサイトのプレビューページで、[Virtual Machines & Virtual Networks]の[try it now]ボタンをクリックします(図4)。確認ダイアログが表示されるので、内容を確認し登録を申請します。2012年9月段階では、申請すると即時に[YOU ARE ACTIVE]状態になるようです。

図4 Windows Azure Virtual Machineのアクティベート
図4 Windows Azure Virtual Machineのアクティベート
3)Virtual Machineを作成するためのダイアログを表示させる

 アカウントのVirtual MachineをActive状態にし、再度Windows Azure管理ポータルにアクセスすると左側のメニューに[VIRTUAL MACHINES]が追加されます。

 仮想マシンを作成するために、画面下部の[NEW]ボタンをクリックします。ポップアップしたメニューの左側から[VIRTUAL MACHINE]をクリックします(図5)。

図5 [VIRTUAL MACHINE]をクリック
図5 [VIRTUAL MACHINE]をクリック

 右側に[QUICK CREATE]と[FROM GALLERY]の2つのメニューが表示されます。[QUICK CREATE]を選択すると図6のように同じメニュー内の右側に仮想マシンの情報入力項目が表示され、仮想マシンを作成することができます。

図6 仮想マシンのQUICK CREATE
図6 仮想マシンのQUICK CREATE

 ここでは、[FROM GALLERY]を選択して仮想マシンを作成する手順を説明します。[FROM GALLERY]をクリックすると、仮想マシンの作成ダイアログが表示されます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 大和屋 貴仁(ヤマトヤ タカヒト )

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Windows Azure Virtual Machineの取り扱い説明書
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5