Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

LPI-Japan、「Linuxセキュリティ標準教科書」を無償公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/01 17:08

 特定非営利活動法人LPI-Japanは、OSS/Linuxの技術者育成・教育のための教材「Linuxセキュリティ標準教科書」を、1日に公開した。PDF版、EPUB版、Kindle版、書籍版として提供し、PDF版とEPUB版はLPI-Japanの公式Webサイトから無料でダウンロードできる。

 「Linuxセキュリティ標準教科書」は、Linuxにおけるセキュリティを学習・再認識するために、最低限必要となる知識を体系的にまとめており、同教材の無償提供によって、教育機関や企業研修でのOSS/Linuxにおけるセキュリティ教育の質の向上を目的としている。

 また、セキュアなシステム設計・サーバ構築のスキルを認定する「LPICレベル3 303試験(LPI - 303 Security Exam)」の教育および学習にも役立つ。

 なお、「Linuxセキュリティ標準教科書」はクリエイティブコモンズライセンスに基づいて公開されており、最新の技術動向に対応するため、随時アップデートを行う。テキスト作成やアップデートに関しては、意見交換のWikiサイトで、誰でもオープンに参加できる。

 著者は、伊本貴士氏、面和毅氏、藤森健氏、小石川雅紀氏、安田恭行氏、嶋中賢佑氏が担当している。


【関連リンク】
LPI-Japan
「Linuxセキュリティ標準教科書」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5