CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

.NETからGoogle Analytics APIを呼び出し、データを取得する

ASP.NET MVCからGoogle Analytics APIを使用する(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/02/13 14:00
目次

AuthCallbackController継承クラスの追加

 次に、ASP.NET MVC(バージョン5)の空コントローラとして、「MyAuthCallbackController」を作成します。このコントローラは、OAuth認可時に戻ってくるコールバックのコントローラです。基本的な処理は、スーパークラスであるAuthCallbackControllerに記載されているため、あまり多くの処理を記述する必要はありません。

AuthCallbackController継承クラスのコード(MyAuthCallbackController.cs)
using GaMvcSample.Infra;
using Google.Apis.Auth.OAuth2.Mvc;
using Google.Apis.Auth.OAuth2.Mvc.Controllers;
using Google.Apis.Auth.OAuth2.Responses;
using System.Web.Mvc;

namespace GaMvcSample.Controllers
{
    // OAuth認可時に戻ってくるコールバックのコントローラ
    public class MyAuthCallbackController : AuthCallbackController
    {
        // (1)認証に使うAppFlowMetadataを指定
        protected override FlowMetadata FlowData
        {
            get
            {
                return new MyFlowMetadata();
            }
        }

        // (2)認証がエラーの際に呼び出されるメソッド
        protected override ActionResult OnTokenError(TokenErrorResponse errorResponse)
        {
            ViewBag.ErrorMessage = errorResponse.ToString();
            return View();
        }

        // (3)認証後に呼び出されるメソッド         
        //[AsyncTimeout(30000)]
        //public async override Task<ActionResult> IndexAsync(AuthorizationCodeResponseUrl authorizationCode,
        //    CancellationToken taskCancellationToken)
        //{
        //    // スーパークラスの処理をそのまま実行
        //    try
        //    {
        //        return await base.IndexAsync(authorizationCode, taskCancellationToken);
        //    }
        //    catch (Exception e)
        //    {
        //        // クライアントシークレットが間違っている場合等のエラー
        //        ViewBag.ErrorMessage = e.ToString();
        //        return View();
        //    }
        //}
    }
}

 このクラスでは、Googleの認証画面から戻ってきた時の設定をします。

 (1)のFlowDataプロパティでは、認証に使うAppFlowMetadataを指定するだけです。

 (2)のOnTokenErrorメソッドでは、認証画面からの戻りが正常ではない場合の処理を記述します。例えばGoogle Analyticsデータの使用を拒否した場合に発生します。ここでは、非認可時に表示するページ「Views\MyAuthCallback\IndexAsync.cshtml」にエラーメッセージを渡して表示しています。

IndexAsync.cshtmlのコード(IndexAsync.cshtml)
using GaMvcSample.Infra;
@{
    ViewBag.Title = "About";
}
<h2>認証エラーです</h2>
<h3>@ViewBag.ErrorMessage</h3>

 最後の(3)のIndexAsyncメソッドでは、認証画面から戻ってきた時に呼び出されています。この例では、コールバックされてからのタイムアウト時刻をデフォルトの10秒から30秒に延長していますが、特にオーバーライドしなくても問題ありません。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ASP.NET MVCからGoogle Analytics APIを使用する

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 青木 淳夫(アオキ アツオ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きた...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5