CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft Azureでのモバイルアプリ開発、ことはじめ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/04/04 14:00

目次

Xamarinによるサンプルアプリケーションの実行手順

 以下では、モバイルサービスで公開されているXamarin対応アプリケーションの実行手順を紹介します。

モバイルサービスの作成

[1]モバイルサービスの新規作成

 Microsoft Azure管理ポータルから、[新規]-[コンピューティング]-[モバイルサービス]-[作成]を選択します。

図1:モバイルサービスの新規作成
図1:モバイルサービスの新規作成

 [モバイルサービスの作成]画面で、以下の項目を入力して[→]ボタンを押下します。

  • [URL]欄:任意URLを設定。サンプルでは「mobilesample201402」とした
  • [データベース]欄:新規もしくは既存のSQL Databaseを利用するかを選択する。サブスクリプションで1つもモバイルサービスを作成していない場合には、[無料の20MB SQLデータベースの作成]が選択可能
  • [サブスクリプション]欄:利用するサブスクリプションを選択。複数サブスクリプション保持している場合にのみ表示される
  • [リージョン]欄:モバイルサービスをデプロイするリージョンを選択。現在は4か所(米国西部、米国東部、北ヨーロッパ、東アジア)から選択可能
図2:モバイルサービスの新規作成(データベースの選択)
図2:モバイルサービスの新規作成(データベースの選択)
図3:モバイルサービスの新規作成(リージョンの選択)
図3:モバイルサービスの新規作成(リージョンの選択)

 次の[データベースの設定の指定]画面で、以下を入力し、チェックボタンを押下して、図6のように新規にモバイルサービスが作成できていることを確認します。

  • [名前]欄:任意の名前を設定。既定では、「<前の画面で指定したURL>_db」が指定される
  • [サーバー]欄:新規もしくは既存のSQL Databaseを利用するかを選択する。SQL Databaseが1つもない場合には、[新しいSQLデータベースサーバー]を選択する
  • [サーバーログイン名]欄:[新しいSQLデータベースサーバー]を選択した場合のみ表示される項目。SQL Databaseの管理者ログイン名を設定
  • [サーバーログインパスワード]欄:[新しいSQLデータベースサーバー]を選択した場合のみ表示される項目。SQL Databaseの管理者ログインパスワードを設定
  • [リージョン]欄:[新しいSQLデータベースサーバー]を選択した場合のみ表示される項目。SQL Databaseをデプロイするリージョンを選択。基本的には、モバイルサービスと同一リージョンを選択することで遅延を抑えることが可能
  • [データベースの詳細設定を構成します]チェックボックス:SQL Databaseの照合順序の選択が可能
図4:モバイルサービスの新規作成(データベースの設定の指定)
図4:モバイルサービスの新規作成(データベースの設定の指定)
図5:モバイルサービスの新規作成(SQL Databaseの照合順序の指定)
図5:モバイルサービスの新規作成(SQL Databaseの照合順序の指定)
図6:モバイルサービスの新規作成完了
図6:モバイルサービスの新規作成完了

[2]Xamarinのダウンロード

 手順1で作成したモバイルサービスを選択すると、クイックスタート画面が表示されます。プラットフォームの選択から、[Xamarin]を選択すると、図7のような画面に切り替わります。

図7:プラットフォームの選択(Xamarin指定時)
図7:プラットフォームの選択(Xamarin指定時)

 [1.ツールを入手する]-[WindowsまたはOS X向けXamarinのインストール]リンクをクリックすると、Xamarinの公式サイトへ遷移しますので、入力必須項目を入力して、[Download Xamarin for Windows]ボタンを押下して、Xamarinのインストーラをダウンロードします。

[3]Xamarinのインストール

 手順2でダウンロードした「XamarinInstaller.exe」をダブルクリックし、起動したインストーラに従って、必要なコンポーネントをインストールします。今回のサンプルではXamarin StusioでAndroid向けアプリケーションを実行するので、[Product selection]画面では、[Xamarin.Android for Visual Studio and Xamarin Studio]だけ選択していれば十分ですが、iOS向けアプリケーションを開発したい場合には、図8のように[Xamarin.iOS for Visual Studio]も選択してください。

図8:インストールアプリケーションの選択
図8:インストールアプリケーションの選択
図9:インストールアプリケーション一覧
図9:インストールアプリケーション一覧

 インストールが完了すると、図10の画面が表示されます。

図10:Xamarinのインストール完了
図10:Xamarinのインストール完了

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 安東 沙織(アンドウ サオリ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

バックナンバー

連載:Windows Azureを始めてみよう
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5