CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IPAセキュリティセンターとJPCERT/CC、OpenSSLの新たな脆弱性を公表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/06 16:08

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、6月6日にOpenSSLに見つかった新たな脆弱性をJVN(Japan Vulnerability Notes)において発表した。

 公表されたのは「『OpenSSL』におけるChange Cipher Specメッセージの処理に脆弱性」で、初期SSL/TLSハンドシェイクにおけるChange Cipher Specメッセージの処理に存在する。この脆弱性を突かれると、中間者攻撃(man-in-the-middle attack)によって、サーバー/クライアント間で行われるSSL/TLS通信の解読や改ざんといった被害を受ける恐れがあるという。

 IPAならびにJPCERT/CCでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう促している。

【関連リンク】
JVN「『OpenSSL』におけるChange Cipher Specメッセージの処理に脆弱性」
IPA 技術本部 セキュリティセンター
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5