Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ウォンテッドリー、スタートアップ企業におけるプログラミング言語の採用動向の考察を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/26 20:00

 ウォンテッドリーは、同社が運営するソーシャルネットワークを活用した就職/転職支援サービス「Wantedly」に登録する企業のうち390社に対し、採用しているプログラミング言語に関する調査を行い、その結果を同社のサイト上で公開した。このデータは、主にサーバサイドで使用している言語について、登録企業の創業年度別に統計をとったものとなる。

使用しているプログラミング言語に関する積み上げグラフ(紺色:PHP、水色:Ruby)
Wantedlyの調査結果発表ページから引用
使用しているプログラミング言語に関する積み上げグラフ(紺色:PHP、水色:Ruby) Wantedlyの調査結果発表ページから引用

 JavaScriptはフロントエンドの使用が非常に多いため除外しており、JavaはAndroidでの使用とサーバサイドでの使用の両方をカウントしている。

 このデータに基づき、同社では「特にWeb系の企業では開発スピードを上げるためにRailsを採用する結果、Rubyが人気になっている可能性が高い」「WantedlyはWebかつ最近のスタートアップが多いので、特にその傾向が顕著」と考察している。

 
【関連リンク】
「RubyがPHPに肉薄??最近のベンチャー・スタートアップに人気のプログラミング言語は?」
Wantedly

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5