CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

いまさら聞けないモバイルとIPv6ネットワークのアレコレ(前編)~モバイル端末からIPv6ネットワークに接続する

仮想ルータVyatta/VyOSで変わるネットワーク設計(5)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/18 14:00

目次

IPv6をつないでみよう!

 iPhone(iOS)環境のIPv6ネットワークの分析には、iTunes AppStoreで公開されているIp6configが便利です(図5)。ちなみに、今回の実験では複数のiPhoneをiOS 8.1環境で試しています。

図5. iPhone(iOS)で使えるIPv6ネットワークツール
図5. iPhone(iOS)で使えるIPv6ネットワークツール

 Ip6configの使い勝手は、図6のようになります。iPhone(iOS)に備わっているすべてのインターフェースとIPv4/IPv6両方のネットワーク環境を把握することができます。

図6. Ip6configの使い方
図6. Ip6configの使い方

 環境も整いましたので、では早速グローバルIPv6ネットワークに接続してみましょう。

 図7は、IPv6ネットワークの接続性テストが行える「http://test-ipv6.com」へ接続した結果です。グローバルIPv6ネットワークに接続するために必要な各要素をチェックし結果を表示してくれます。ご覧いただけるように10点中10点の満点となっています。

図7. IPv6テストサイトの使い方
図7. IPv6テストサイトの使い方

 古くからIPv6ネットワークに接続されている方にとっては不思議ではありませんが、前述の「図6. Ip6configの使い方」では、2つのグローバルIPv6アドレスが付与されているのが分かります。このいずれかが使われているか気になる方もいらっしゃると思いますので、「末尾:1245/64」側が使われていることを図8と見比べて確認してみてください。Ip6configでは、どちらが「一時IPv6アドレス」にあたるか判別できないのが少し残念ですね。

図8. グローバルIPv6アドレス割当と利用シーン
図8. グローバルIPv6アドレス割当と利用シーン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:仮想ルータVyatta/VyOSで変わるネットワーク設計

もっと読む

著者プロフィール

  • 松本 直人(マツモト ナオト)

    1996年より特別第二種通信事業者のエンジニアとしてインターネット網整備に従事。その後システム・コンサルタント,ビジネス・コンサルタントを経て2010年より,さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット 研究所 上級研究員。(2016年より一時退任) 研究テーマはネットワーク仮想化など。...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5