Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、モバイルアプリ開発のための認証・データ同期サービス「Amazon Cognito」を東京リージョンでも利用可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/24 15:10

 Amazon Web Services(AWS)は、モバイルアプリ開発におけるユーザーIDとアクセスの簡略化、およびクロスデバイス/クロスプラットフォームでのデータ同期を可能にするサービス「Amazon Cognito」を、9月22日に東京リージョンでも利用できるようにした。

 「Amazon Cognito」は、パブリックなIDプロバイダや独自の認証システムと連携して、デバイスやプラットフォームをまたがるアイデンティティを生成し、任意のポリシーによる一時的なクレデンシャルの発行を可能にする「Amazon Cognito Identity」を搭載しており、パブリックなIDプロバイダとしてAmazon、Facebook、Twitter/Digits、Google+をサポートするとともに、OpenID Connect(OIDC)に準拠する。

 さらに、アプリケーションの設定やゲームの状態など、あらゆる種類のデータをAWSクラウドに保存し、クロスデバイス/クロスプラットフォームで同期できる「Amazon Cognito Sync」を備えている。「Amazon Cognito Sync」には、Amazon SNS Mobile Pushとの連携が可能な「Push Sync」や、Amazon Kinesisと連携してデータ更新や同期をイベントとしてStreamで受け取れるようにする「Amazon Cognito Streams」、「Amazon Cognito」の重要なイベントに呼応してAmazon Labdaのファンクションを実行できる「Amazon Cognito Events」を用意する。

 利用料金は、同期用のデータストアに保存されたデータの合計量と同期オペレーションの実行回数によって決まり、最初の12か月間は1か月あたり10GBのデータストア容量と100万回の同期オペレーションを無料で使える。なお、無料利用枠を超えた場合は、同期オペレーション1万回あたり0.15USドル、データストア容量1GBあたり月額0.15USドルを請求する。


【関連リンク】
Amazon Web Services
「Amazon Cognito」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5