Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アスタリスク・リサーチ、セキュアなソフトウェア開発支援ツール「SecureAssist 2.5」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/19 18:20

 アスタリスク・リサーチは、セキュアなソフトウェアの開発を支援するツール「SecureAssist 2.5」を、11月18日に発売した。

 「SecureAssist」は、米Codiscopeが開発した統合開発環境(IDE)を拡張するツールで、開発中のソフトウェアのコードに潜む、ぜい弱性につながる可能性のある箇所を指摘し、具体的な修正案とともに改善を促す。

 最新の「SecureAssist 2.5」では、従来のEclipseやVisual Studioに加えて、新たに「IntelliJ IDEA 14」に対応した。また、Eclipseでのソースコードスキャンの高速化や、ライセンスのアクティベーションプロセスの改善を行っている。

「IntelliJ IDEA 14」での利用イメージ
caption

 このほか、HTTPプロトコルでのデータのやりとりにおける、ぜい弱性や、弱い暗号化関数の利用、設定の不備をチェックする機能を備えており、アプリのバックエンドAPIサーバや、IoT(Internet Of Things)の実装におけるセキュリティ・バイ・デザインの実現にも役立つ。

 20名の開発チームでのライセンスコストは、開発者1人あたり年間4万円程度、チーム全体なら年間100万円程度で導入できる。

 さらに、最新版の発売にともない、30日間無料で試用可能な機能検証版を提供するとともに、2015年末までに導入する企業には、通常ならライセンス費用の20%を支払う必要がある「ベーシックサポート」を特別価格で提供する。


【関連リンク】
アスタリスク・リサーチ
「SecureAssist」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5