CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AppleがSwiftをオープンソース化しGitHubで公開、Swiftの情報サイト「Swift.org」も開設

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/04 13:15

 米Appleは、2014年に発表したプログラミング言語Swiftを、12月3日(現地時間)にオープンソース化し、ソースコードを公開した。また、オープンソース化にともない、Swiftに関する情報や、Swiftのドキュメント、コミュニティへのリンクを備え、SwiftのソースコードをダウンロードできるWebサイト「Swift.org」を開設している。

 SwiftのソースコードはGitHubでもダウンロード可能で、iOS、Mac OS X、watchOS、tvOSといったアップルのすべてのソフトウェアプラットフォームをサポートする。また、コンポーネントは、コンパイラ、デバッガ、標準ライブラリ、基礎ライブラリ、パッケージマネージャ、REPLが含まれる。

 ライセンスは、ランタイムライブラリを除きApache 2.0ライセンスを採用しており、開発者は自分のソフトウェアへのSwiftの組み込みや、Swiftの他のプラットフォームへの移植が許可される。


【関連リンク】
アップル
「Swift.org」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5