SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

5分でわかるActiveReports帳票(PR)

5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(導入編)

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバー構成ウィザード

1)初期画面

 ActiveReports Serverのインストールが完了すると、管理者ポータルに自動的にアクセスし、環境設定を行うウィザードが起動します。以下はサーバー構成ウィザードの起動画面です。[次へ]ボタンをクリックしてください。

サーバー構成ウィザード
サーバー構成ウィザード

備考

 自動的にアクセスしない場合は、「http://<PC名>または<IPアドレス>:<インストーラで指定したポート番号>/Admin」のURLに直接アクセスしてください。

 たとえば、ActiveReports ServerをインストールしたPC名が「arserver」、ポート番号が「8080」の場合、「http://arserver:8080/Admin」で管理者ポータルへアクセス可能です。

2)管理者アカウントの設定

 管理者ポータルへログインするための管理者アカウントを設定してください。ここでは、ユーザー名に「administrator」と入力し管理者アカウントを作成します。

 E-mailアドレスは、ログインパスワードを忘れた場合のユーザーへの再通知や、エラー発生時に管理者への通知を行う際に必要になります。必ず通知可能なアドレスを入力してください。

管理者アカウントの設定
管理者アカウントの設定

3)SMTPサーバーの設定

 SMTPサーバーの設定を行います。SMTPサーバーの設定は、後から管理者ポータルで設定/変更することも可能です。また、レポートの配信などメールに関する機能を使用しない場合、設定なしでActiveReports Serverを利用することも可能です。

SMTPサーバーの設定
SMTPサーバーの設定

4)ライセンスの設定

 ActiveReports Serverのプロダクトキーを入力してライセンス登録を行います。ActiveReports Serverのプロダクトキーは、ActiveReportsのProfessionalエディションをお持ちのユーザーであれば、グレープシティのWebページから無償で入手可能です。 トライアル版として使用する場合、またはライセンス登録を後で行う場合は、キーを未入力のまま[次へ]をクリックしてください。

ライセンスの設定
ライセンスの設定

5)ウィザード完了

 これでサーバー構成ウィザードの設定は完了です。

 [次へ]をクリックすると管理者ポータルのログイン画面が表示されます。

ウィザード完了
ウィザード完了

6)管理者ポータルへのログイン

 以下のログイン画面が表示されたら、手順の2)で作成したアカウント情報を入力しログインします。

 ログインに成功すると、管理者ポータルが表示されます。

管理者ポータルのログイン画面
管理者ポータルのログイン画面

次のページ
ファイアウォールの設定

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5分でわかるActiveReports帳票連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

グレープシティ株式会社 ActiveReportsチーム(グレープシティカブシキガイシャ アクティブレポートチーム)

 宮城県仙台市に本社を構えるグレープシティでは、日本の業務に適したシステムをより早く開発するためのソフトウェアを提供しています。エンドユーザーの利用しやすさ、幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。 ActiveReportsは、帳票開発に必要なあらゆる機能を備えた当社を代表するコンポーネントの1つ。1998年の発売以来、日本だけでなく全世界で多数の帳票開発者に使用されています。製品開発は同チームが中心になり、「日本仕様」の厳しい要望を実現することを目指しています。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9179 2016/04/22 10:43

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング