Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(導入編)

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(6)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

サーバー構成ウィザード

1)初期画面

 ActiveReports Serverのインストールが完了すると、管理者ポータルに自動的にアクセスし、環境設定を行うウィザードが起動します。以下はサーバー構成ウィザードの起動画面です。[次へ]ボタンをクリックしてください。

サーバー構成ウィザード
サーバー構成ウィザード

備考

 自動的にアクセスしない場合は、「http://<PC名>または<IPアドレス>:<インストーラで指定したポート番号>/Admin」のURLに直接アクセスしてください。

 たとえば、ActiveReports ServerをインストールしたPC名が「arserver」、ポート番号が「8080」の場合、「http://arserver:8080/Admin」で管理者ポータルへアクセス可能です。

2)管理者アカウントの設定

 管理者ポータルへログインするための管理者アカウントを設定してください。ここでは、ユーザー名に「administrator」と入力し管理者アカウントを作成します。

 E-mailアドレスは、ログインパスワードを忘れた場合のユーザーへの再通知や、エラー発生時に管理者への通知を行う際に必要になります。必ず通知可能なアドレスを入力してください。

管理者アカウントの設定
管理者アカウントの設定

3)SMTPサーバーの設定

 SMTPサーバーの設定を行います。SMTPサーバーの設定は、後から管理者ポータルで設定/変更することも可能です。また、レポートの配信などメールに関する機能を使用しない場合、設定なしでActiveReports Serverを利用することも可能です。

SMTPサーバーの設定
SMTPサーバーの設定

4)ライセンスの設定

 ActiveReports Serverのプロダクトキーを入力してライセンス登録を行います。ActiveReports Serverのプロダクトキーは、ActiveReportsのProfessionalエディションをお持ちのユーザーであれば、グレープシティのWebページから無償で入手可能です。 トライアル版として使用する場合、またはライセンス登録を後で行う場合は、キーを未入力のまま[次へ]をクリックしてください。

ライセンスの設定
ライセンスの設定

5)ウィザード完了

 これでサーバー構成ウィザードの設定は完了です。

 [次へ]をクリックすると管理者ポータルのログイン画面が表示されます。

ウィザード完了
ウィザード完了

6)管理者ポータルへのログイン

 以下のログイン画面が表示されたら、手順の2)で作成したアカウント情報を入力しログインします。

 ログインに成功すると、管理者ポータルが表示されます。

管理者ポータルのログイン画面
管理者ポータルのログイン画面

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5