SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

5分でわかるActiveReports帳票(PR)

5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(導入編)

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インストール/初期設定

 それでは実際にActiveReports Serverをインストールしてみましょう。ActiveReports Serverを使用するのに必要なシステムは以下の通りです。

ActiveReports Serverの必要システム
フレームワーク .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2/4.6/4.6.1
OS Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
Webサーバー Internet Information Services
ブラウザ
PC
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 9/10/11
  • Chrome 最新版/最新版-1
iPad/iPhone
  • Safari for iOS 8/9

備考

 帳票ビューワの形式に「Flash」を選択した場合は、Chromeはサポートされません。

 また、Adobe Flash Player 11以上(Windows)が必要です。

事前準備

 ActiveReports Serverを使用するには、OSに以下のWindows機能をインストールしている必要があるので、まずはこれらのインストールを行います。詳しい手順はグレープシティのWebページで公開されている「クイックスタートガイド」でも説明しています。

  • Webサーバー(IIS)
  • ASP.NET 4.5
  • HTTPアクティブ化

インストーラの入手

 ActiveReports Serverのインストーラは、ActiveReportsのインストーラに同梱されています。ActiveReportsにはトライアル版(無償)を用意していますので、グレープシティのWebページからダウンロードしてください。インストーラの入ったzipファイルを解凍すると、「ActiveReports 9 Server」というフォルダが作成されるので、そこからActiveReports Serverのインストーラを入手します。

インストーラの入手
インストーラの入手

インストーラの実行

 インストーラを実行すると、使用許諾契約書が表示されるので同意して進みます。

1)インストール種別の選択

 サーバーをインストールして新規サイトを作成するか、エージェントのみをインストールするか選択します。ここでは「サーバー(新規サイトを作成する)」を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

インストール種別の選択
インストール種別の選択

2)エージェントのインストール方法選択

 エージェントのインストール方法を選択します。エージェントを同一の環境へ一緒にインストールするか、後で別途インストールするのかを選択できます。ここでは、シンプルな構成として、サーバーとエージェントを1台のPCへインストールします。

 「このサーバーに帳票実行エージェントをインストールする」を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

エージェントのインストール有無の選択
エージェントのインストール有無の選択

3)製品インストール先の設定

 ActiveReports Serverをインストールするフォルダを指定します。

 デフォルトでは、「C:\ActiveReports 9.0J Server」になります。インストール先を確認して[次へ]ボタンをクリックします。

インストール先フォルダの選択
インストール先フォルダの選択

4)Webサイトの作成

 ActiveReports Serverのサイトを新規に作成するか、既存の仮想ディレクトリ上に作成するのか指定します。「新規サイト」を選ぶとインストーラで自動的にIISの仮想ディレクトリが作成されます。ここでは「新規サイト」を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

Webサイトの作成先の選択
Webサイトの作成先の選択

5)サイト名とポート番号の設定

 ActiveReports Serverの管理者ポータル、利用者ポータルのサイト名と使用するポート番号を設定します。ポート番号は、利用可能な番号が自動的に割振られます。ここでは特に変更せずに[次へ]ボタンをクリックしてください。

サイト名とポートの設定
サイト名とポートの設定

6)アプリケーションプールのユーザーIDの設定

 IISのアプリケーションプールのユーザーIDとして使用するアカウントの設定を行います。

 アカウントは、既に登録済みのアカウントを設定することもできますし、新たに専用のアカウントを作成することも可能です。

アプリケーションプールのユーザー設定
アプリケーションプールのユーザー設定

7)サービスの登録アカウントの設定

 ActiveReports Serverは、内部で独自のWindowsサービスを利用しており、システムにサービスの登録が必要になります。ここでは、サービスを登録/実行するアカウントを設定します。

 アカウントは、既に登録済みのアカウントを設定することもできますし、新たに専用アカウントを作成することも可能です。

Windowsサービスのユーザー設定
Windowsサービスのユーザー設定

 アカウント情報を入力し[インストール]ボタンをクリックするとインストールが開始されます。

8)インストール完了

 以下のダイアログが表示されたらインストールは完了です。

 [完了]ボタンをクリックすると、ActiveReports Serverの設定を行うウィザードが表示されます。

インストール完了
インストール完了

次のページ
サーバー構成ウィザード

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5分でわかるActiveReports帳票連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

グレープシティ株式会社 ActiveReportsチーム(グレープシティカブシキガイシャ アクティブレポートチーム)

 宮城県仙台市に本社を構えるグレープシティでは、日本の業務に適したシステムをより早く開発するためのソフトウェアを提供しています。エンドユーザーの利用しやすさ、幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。 ActiveReportsは、帳票開発に必要なあらゆる機能を備えた当社を代表するコンポーネントの1つ。1998年の発売以来、日本だけでなく全世界で多数の帳票開発者に使用されています。製品開発は同チームが中心になり、「日本仕様」の厳しい要望を実現することを目指しています。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9179 2016/04/22 10:43

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング