Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、画像処理コンポーネント「LEADTOOLS 19.0J」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/30 18:30

 グレープシティは、画像処理コンポーネント「LEADTOOLS 19.0J」を、4月8日に発売する。

 「LEADTOOLS」は、イメージスキャナやFAXなどと連携する企業内システム、医療機器と連携した画像診断システム、バーコードによる流通システムといった、画像を扱うさまざまなシステムで採用されている画像処理コンポーネント。

 最新版となる「LEADTOOLS 19.0J」では製品構成を見直し、用途に応じた「Imaging Proファミリー」「Document Imagingファミリー」「Medical Imagingファミリー」の3種類に分けるとともに、ファミリー内にPDFやバーコードを収録したエディションを設けるなど、わかりやすい構成とした。

 「Imaging Proファミリー」には、画像処理機能と画像ビューワを収録した「Imaging Pro」エディション、「Imaging Pro」に加えてバーコードの読み書きに対応した「Barcode Pro」エディション、「Imaging Pro」に加えてPDFの読み書きに対応した「PDF Pro」エディション、「Imaging Pro」「Barcode Pro」「PDF Pro」のすべての機能に加えてHTML5対応JavaScript画像ビューワを収録した「Pro Suite」エディションを用意する。

 「Document Imagingファミリー」には、「Imaging Pro」に加えてドキュメントビューワとコンバータ、バーコードの読み書き、PDFの読み書きに対応した「Document Imaging」エディション、「Document Imaging」に加えてOCR認識、マーク認識に対応した「Recognition Imaging」エディション、「Recognition Imaging」に加えてHTML5対応JavaScriptドキュメントビューワを収録した「Document Imaging Suite」エディションを用意する。

 「Medical Imagingファミリー」には、画像処理機能と画像ビューワ、ドキュメントビューワとコンバータを収録し、DICOM、バーコードの読み書き、PDFの読み書きに対応した「Medical Imaging」エディション、「Medical Imaging」に加えてPACS、HL7に対応した「PACS Imaging」エディション、「PACS Imaging」に加えてHTML5対応JavaScript DICOMビューワを収録した「Medical Imaging Suite」を用意する。

 いずれのファミリー、エディションもWindows 10、Visual Studio 2015に対応している。

 ライセンスは、開発ライセンスと配布ライセンスの2種類で、開発ライセンスは1人の開発者が利用する2台のマシンまでインストールできる。また、配布ライセンスは「LEADTOOLS」で開発したアプリケーションを配布するのに必要なライセンスで、開発したアプリケーションの用途に応じて選べる。

 このほか、「LEADTOOLS 19.0J」からは年間保守サービスの提供を開始し、保守サービスの有効期間中は優先サポート、延長サポート、フリーアップグレードのサービスが受けられる。


【関連リンク】
「LEADTOOLS 19.0J」
グレープシティ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5