Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Angular 2のコードベースがDart版とTypeScript/JavaScript版に分割、Dart版Angularの専従チームも

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/21 15:30

 米Googleは、同社が開発しているフレームワークAngular 2のコードベースを分割するとともに、Dart版Angular 2への注力を7月20日(現地時間)に発表した。

 これまで、Angular 2のソースコードはTypeScriptによって書かれており、JavaScriptとDartの両方にコンパイルされていたが、今後はコードベースをDart版とTypeScript/JavaScript版に分割する。また、Dart版Angularの専従チームも結成される。

 今回のコードベースの分割によって、Dartを利用している開発者はフレームワークをDartの流儀で使えるようになるほか、TypeScriptでは利用できないDart固有の機能を使えるようになる。また、高速化も期待できる。

 このほか、GoogleはDart版Angular 2向けの素材デザインを収録したライブラリをあわせてリリースした。

 なお、今回のコードベースの分割は、APIの整理やパフォーマンスの向上、コントリビューションがしやすくなるなど、TypeScript/JavaScriptユーザーにとってもメリットがあるものとなっている。


【関連リンク】
Google
Angular(英語)
Dart(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5