Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「VB.NET」記事一覧

290件中121~140件を表示
  • as.gif
    2010/06/24

    ZIPファイル内の画像を表示する.NET アプリケーションの作成

     ComponentOne Studio 2010JのC1Zipコントロールは、ZIP形式のファイル圧縮・展開機能などを提供するコントロールです。今回は、このC1Zipコントロールを使い、画像を圧縮したZIPファイルを指定するだけで中身の画像ファイルを取り出し、ファイル名とともに表示してくれるアプリ ケーションを作成しました。

  • A.gif
    2010/06/17

    WebページでSilverlightのグラフを使ってみる

     ComponentOne Studio for SilverlightのChartコントロールは、「Silverlight」を使ってWebページ上にグラフを作成できるコントロールです。高度なグラフィックス処理やアニメーション機能など、視覚効果の高いグラフを表示させることができます。そこで、今回は簡単なデータをグラフで表示するWebページを作成してみました。

  • title.gif
    2010/06/03

    仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう(7) ― GDI+と独自プロトコルの定義

     この連載では仮想的なLANを実装することにより、目に見えないTCP/IPプロトコル群を、手を動かして目で実際に確認しながら習得することを目的としています。今回も前回に引き続き、これまでの連載のまとめとして、仮想的なネットワークの実装方法について解説します。

  • title.gif
    2010/05/13

    仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう(6) ― セキュリティの基礎と仮想ネットワークの仕様

     この連載では仮想的なLANを実装することにより、目に見えないTCP/IPプロトコル群を、手を動かして目で実際に確認しながら習得することを目的としています。今回からはこれまでの連載のまとめとして、仮想的なネットワークの実装方法について、3回にわたり解説します。

  • A.gif
    2010/04/28

    全部入りの安心感! ComponentOne Studioオーバービュー ― Windows Forms編

     ComponentOne Studio Enterprise 2010Jには、Visual Studioの標準機能では実現できない要望にフィットしたコンポーネントを数多く備えています。今回は「for Windows Forms」エディションと全エディション共通の「データ出力コンポーネント」の中から、興味深いコントロールをピックアップして紹介したいと思います。ほとんどが初めて利用するコンポーネントなので、どれだけ機能の利用方法を習得しやすいかの体感報告も併せて行います。

  • A.jpg
    2010/04/26

    ラベル表示にHTMLタグを使った.NETアプリケーションの作成

     SuperToolTip for Windows Formsの「C1SuperLabel」コンポーネントは、データの表示にHTMLタグを使用することができるコントロールです。今回は、このC1SuperLabelコンポーネントを使い、装飾を施したラベルとツールヒントを表示するアプリケーションを作成してみました。

  • t.gif
    2010/04/20

    仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう(5) ― アプリケーション層の勘所

     この連載では仮想的なLANを実装することにより、目に見えないTCP/IPプロトコル群を、手を動かして目で実際に確認しながら習得することを目的としています。今回はアプリケーション層のプロトコルとそれに関係する事柄について解説します。

  • A.jpg
    2010/04/16

    サイズ変更可能な複数のフレームを持った.NETアプリケーションの作成

     PowerTools Sizer for Windows FormsのC1Sizerコンポーネントは、フォーム内をグリッド状に区切り、その中にコントロールを配置することができるコンテナコントロールです。今回は、このC1Sizerコンポーネントを使い、植物の名前をクリックするとその説明文と画像を表示するアプリケーションを作成してみました。

  • A.jpg
    2010/03/30

    日本語メールの送信で起こりうる予期せぬクレーム~.NET Framework標準機能と市販コンポーネント「Secure Mail」を徹底比較~

     .NET Frameworkの「System.Net.Mail」を使って日本語メールを送信する場合、さまざまな問題があります。そこで今回は、意図的にトラブルが発生するようなデータを使って、「System.Net.Mail」とグレープシティのメール送受信コンポーネント「Secure Mail 2.0J」を比較してみたいと思います。

  • A.gif
    2010/02/25

    Windows UXガイドライン準拠マニュアル InputManだからこそできること

     Windows 7対応アプリケーション作成時のデザインの指針『Windowsユーザーエクスペリエンスガイドライン』に記載されている推奨値は、標準のコントロールでは実現が難しいものもあります。しかし、InputMan for Windows Forms 6.0Jを利用することで、簡単に要件を満たすことが可能です。今回は、この推奨値と標準コントロールが適合していない項目を具体的に見ていきながらInputManコントロールと比較し、解説していきます。

  • A.gif
    2010/02/01

    タブページでクエリ結果を表示する.NETアプリケーションを作る

     PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcTabControlは、タブの形状をいろいろな形にデザインしたり様々な機能を実装できる便利なコントロールです。今回は、Accessのデータベースからクエリを実行し、その結果をタブページに表示するアプリケーションを作成していきます。

  • 85_a.gif
    2010/01/18

    IE8風タブページのスケジューラ機能を持った.NETアプリケーションを作る

     PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcTabControlコントロールでは、タブの形状をいろいろな形にデザインでき、タブのドラッグアンドドロップによるページ順序の入れ替えや[閉じる]ボタンの実装など、まさにInternet Explorer 8と同じタブページ機能を持ったアプリケーションを開発できます。そこで今回は、このGcTabControlコントロールを使って、IE8風GUIを持ったスケジューラを作成してみました。

  • A.gif
    2009/12/28

    コンポーネントの組み合わせで実現! 業務要件を満たす帳票アプリケーションの作り方

     今回は、MultiRow for Windows Forms 6.0J、InputMan for Windows Forms 6.0J、ActiveReports for .NET 6.0Jを組み合わせて、業務で現在使用している請求明細書をシステム化するというシナリオで、画面と帳票のイメージが近い業務アプリケーションを作成してみたいと思います。

  • ImageA.gif
    2009/12/22

    明細書の入力・印刷・Excelデータへの保存を行う.NETアプリケーションを作成する

     MultiRow for Windows Forms 6.0Jのコンポーネントを使用し、印刷機能とExcelのブックに入力データを保存する機能を持った、明細書作成アプリケーションを作っていきます。

  • A.gif
    2009/12/11

    ファンクションキーの切り替え機能を持った.NETアプリケーションを作る

     今回は、前回作成したエディタアプリケーションに、PlusPak for Windows Forms 6.0Jに入っているGcClassicFunctionKeyコントロールを使って、ファンクションキーで操作をする機能を組み込んでみました。ファンクションキーは2種類用意し、[Shift]または[Ctrl]キーを押すたびに2種類のファンクションキーを交互に表示します。

  • t.gif
    2009/12/10

    .NETでマンデルブロ集合を描く

     大量の計算が必要なマンデルブロ集合の計算とその描画をマルチスレッドで行います。C#, VB.NET, C++/CLI の三大.NET言語での実動コード付き!

  • imageA.gif
    2009/11/27

    一味違うコントロールを使った.NETアプリケーションを作る

     PlusPak for Windows Forms 6.0Jでは、新しい6つのコントロールが加わっています。いずれも標準コントロールにはない独自の機能を持った拡張コントロールで、アプリケーションの操作性・視覚効果をぐっと高める機能を備えています。そこで、これらの新しいコントロールを使用して、簡易エディタアプリケションを作成してみました。

  • A.gif
    2009/11/26

    伝票形式画面作成の切り札! MultiRow for Windows Formsを使ってみよう

     MultiRow for Windows Forms 6.0Jは1レコードを複数行で表すといった伝票の明細のような形式を、Windowsフォームで実現できるコンポーネントです。今回は、Twitter関連アプリを作りながら、このMultiRowの魅力に迫っていきたいと思います。

  • A.gif
    2009/11/19

    Accessデータをグラフ化するWPFアプリケーションを作る

     Chart for WPFコンポーネントは、WPF(Windows Presentation Foundation )のデータ連結機能にも対応しており、データベースファイルに接続して、テーブルにあるデータをグラフのデータソースに使うことができます。そこで今回は、売り上げデータを格納しているMicrosoft Office Accessのテーブルから、データを取得してグラフ化するアプリケーションを作成しました。

  • A.gif
    2009/10/30

    WPFのビットマップ効果を使ったチャート表示アプリケーションを作る

     Chart for WPFコンポーネントは、WPF(Windows Presentation Foundation )の持つ高品質な 2-D/3-D グラフィックス表示やアニメーション機能を生かすことができるようになっています。 特にビットマップ視覚効果では、単純なピクセル処理操作ではあるものの、シャドウやべベル、グロウなどの視覚効果をチャートの要素に適用でき、さらにこの視覚効果をアニメーションさせることができます。 また、作成したグラフを画像ファイルに保存することができるので、他のアプリケー...

290件中121~140件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5