Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「VB.NET」記事一覧

290件中161~180件を表示
  • A.gif
    2009/04/20

    日本の帳票開発には、コンポーネントが効く! 現場視点で見たActiveReports導入のススメ

     Windowsを用いたシステム構築において、帳票印刷は細心の注意が必要なカテゴリの1つです。グレープシティが提供するコンポーネント「ActiveReports」を利用すると、より効率的な帳票開発が可能になります。本稿では、ActiveReportsのいくつかの特徴的な機能を紹介します。また、エディション間による搭載機能の違いについても説明します。

  • t.gif
    2009/04/08

    表現力の高いチャートを使用した WPF/XBAPアプリケーションの作成

     NetAdvantage for WPFのxamChartコントロールは、WPFフレームワークの機能を活かした表現力の高いチャートコンポートネントです。今回はこのxamChartを用いてキャッシングの返済額をチャートで表示させるアプリケーションを開発します。

  • t.gif
    2009/03/30

    マス目状入力機能を持った.NET アプリケーションを作る

     データの入力方法はいろいろありますが、どこに何を入力するのか、入力フィールドをはっきりさせると、ユーザーに優しいアプリケーションになります。 InputMan for Windows Forms 5.0Jのキャラクタボックスコントロールは、入力フィールドにマス目を表示し、入力データを制限したり書式設定が行えるコントロールです。 今回は、このキャラクタボックスコントロール「CharMask」を使い、確定申告風の入力インターフェースを持ったアプリケーションを作成します。

  • t.gif
    2009/03/27

    仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう(2) ― ネットワークアクセス層の勘所

     この連載では仮想的なLANを実装することにより、目に見えないTCP/IPプロトコル群を、手を動かして目で実際に確認しながら習得することを目 的としています。今回は最下層であるネットワークアクセス層にあたる部分を解説します。

  • t.gif
    2009/03/24

    ドロップダウンリストボタンを使った.NETアプリケーションを作る

     PlusPak for Windows Forms 5.0JのGcDropDownButtonコントロールは、ボタンにドロップダウンリスト機能を組み込んだ面白いコントロールです。タイトルバーを持たないフォームでは、メニューを実装することができませんが、このドロップダウンリストボタンを使うと、ボタンなのにメニューと同じように使うことができるようになります。

  • t.gif
    2009/02/27

    入力エラーを未然に防ぐ.NET アプリケーションを作る

     InputMan for Windows Forms 5.0Jのマスクコントロール「GcMask」は、入力フィールドに入力規則や書式設定を設定することで、入力データのタイプや文字数の制限、指定したデータ以外は入力できないようにする、といった入力時に制限を加えて、データの誤入力を防ぐ入力コントロールです。

  • 2009/02/24

    仮想ネットワーク実装でTCP/IPを学ぼう ― TCP/IPの基礎と勘所

     いまや業務システムではネットワーク環境が当たり前になっており、開発者であってもネットワークプロトコルの知識を知らないでは済まされません。しかし、巷に出版されている専門書は、ネットワーク管理本やプロトコルを図解したもの、または非常に高度な前提知識を求められるものがほとんどです。そこで本連載では、プログラマが実際に手を動かして身に付けられるような形で、TCP/IPについて学んでいきます。  

  • t.gif
    2009/02/20

    Excelブックを読み書きする.NET アプリケーションを作る-その2

     ComponentOne Studio Enterprise 2008Jに同梱されているFlexGridコンポーネントに入力されたデータを、Excel形式のブックに保存するアプリケーションを作ります。ワークシートでは、セルの背景色や文字色、高さや幅の調節、罫線の設定を行ってデータを保存します。

  • 2009/01/30

    VB.NETで仮想CPUを作ろう(14) - 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(後半)

     本記事はVB.NETの初歩的な記法だけを使って、簡単な機械語で動く仮想CPUの実装法を解説します。その過程を通じて、初心者でもバイナリプログラミングが楽しめることと、バイナリプログラミングの魅力を伝えたいと思っています。今回は前回解説した機械語駆動式関数電卓の実装例の、残りの部分を紹介します。  

  • t.gif
    2009/01/28

    Excelブックを読み書きする.NET アプリケーションを作る

    PowerTools XLS for .NETコンポーネントは、Excelのブックを直接読み書きすることのできるコンポーネントで、Visual C#でも他のコントロールと同様のコードでブックやワークシート、セルを操作することができます。

  • 2009/01/23

    VB.NETで仮想CPUを作ろう(13) - 機械語駆動式 関数電卓を作ろう! 解答編(前半)

     本記事はVB.NETの初歩的な記法だけを使って、簡単な機械語で動く仮想CPUの実装法を解説します。その過程を通じて、初心者でもバイナリプログラミングが楽しめることと、バイナリプログラミングの魅力を伝えたいと思っています。今回は12回で課題とした機械語駆動式関数電卓の実装例を紹介します。

  • t.gif
    2009/01/22

    VB.NETで入力エラーチェック機能を持ったフォームを作成する

     GcCommonValidatorコンポーネントは、入力データを検証する便利なコンポーネントで、データ型のチェックだけでなくユーザー定義の文字列をチェックする機能まで持っています。  

  • t.gif
    2008/12/25

    カスタムバルーンチップを持った.NETアプリケーションを作る

     PlusPak for Windows Forms 5.0JのGcBalloonTip1コンポーネントは、バルーンチップを表示するコンポーネントです。今回は、これらのコンポーネントで標準コントロールをカスタマイズし、バルーンチップを使った簡単な入力フォームを作成しました。

  • t.gif
    2008/12/16

    3Dアニメーションで画像を表示する WPFアプリケーション/Webページの作成

     NetAdvantage for WPFのxamCarouselPanelコントロールは、複数の静止画像をスクロールして表示できるコントロールです。画面に表示されるナビゲーションボタンを押すと、画像がアニメーションでスクロールし、次々と表示されていきます。この視覚効果は、見る人の興味を引く高い効果を生み出します。

  • t.gif
    2008/12/16

    Excelのデータからバーコードを生成する.NETアプリケーションを作る

     今回は、Excelのワークシートに入力されている商品の管理番号からバーコードを作成し、それをExcelのワークシートに添付していくアプリケーションを作成しました。

  • 2008/12/15

    Windows PowerShell 独自コマンドレットの開発(2)

     Windows PowerShellは.NET Frameworkをベースとした非常に強力なシェルです。ただし、独自のコマンドレットを作成し、Windows PowerShellを拡張できることについてあまり知られていないかと思うため、この連載ではコマンドレットの開発手法について説明します。今回は、前回作成したコマンドレットのヘルプを作成する方法について紹介します。

  • t.gif
    2008/12/09

    VB.NETで仮想CPUを作ろう(12) - 機械語駆動式 関数電卓を作ろう!

     本記事はVB.NETの初歩的な記法だけを使って、簡単な機械語で動く仮想CPUの実装法を解説します。その過程を通じて、初心者でもバイナリプログラミングが楽しめることと、バイナリプログラミングの魅力を伝えたいと思っています。今回は今まで学習してきたことを試すために作成するアプリケーションの仕様を解説します。

  • t.gif
    2008/11/28

    バーコード作成.NETアプリケーションを作る

     PlusPak for Windows Forms 5.0JのGcBarCodeコンポーネントを使うと、バーコードを簡単に作成できます。今回は、商品の倉庫管理用バーコードを作成するアプリケーションを作ってみました。

  • 2008/11/21

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (11) - DIV命令の実装とイベント設計について

     本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。今回はDIV命令の実装を通じて、イベントの設計について学びます。

  • t.gif
    2008/11/13

    Windows PowerShell 独自コマンドレットの開発

     Windows PowerShellは.NET Frameworkをベースとした非常に強力なシェルです。ただし、独自のコマンドレットを作成し、Windows PowerShellを拡張できることについてあまり知られていないかと思います。今回から数回にわたり、コマンドレットの開発手法について説明します。

290件中161~180件を表示
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5