SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

ComponentZine(PlusPak)(PR)

タブページでクエリ結果を表示する.NETアプリケーションを作る

PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcTabControlコントロールを使ったアプリケーションの作成~その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcTabControlは、タブの形状をいろいろな形にデザインしたり様々な機能を実装できる便利なコントロールです。今回は、Accessのデータベースからクエリを実行し、その結果をタブページに表示するアプリケーションを作成していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 前回の記事「IE8風タブページのスケジューラ機能を持った.NETアプリケーションを作る」に引き続き、GcTabControlコントロールを使ったアプリケーションを作成します。

 今回は、Accessのデータベースからクエリを実行し、その結果をタブページに表示します。タブページとデータを表示するDataGridViewはすべてコードから作成し、クエリの実行結果をその都度タブページで表示します。

 クエリを実行するたびにタブページで結果を表示するので、フォーム上の場所も取らず、タブページも[閉じる]ボタンで閉じることができるので、狭いフォームを有効に使うことができるアプリケーションです。また、タブのテキスト情報を複数行で表示し、タブごとに背景色を変えることで、情報を整理して誤読を防ぐようにします。

メニューでクエリを選ぶと
メニューでクエリを選ぶと
実行結果をタブページで表示する
実行結果をタブページで表示する

対象読者

 Visual Basic/Visual C# 2005・2008を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005/2008、Visual C# 2005/2008、Visual Studio 2005/2008でプログラムが作れる環境。なお、本プログラムはWindows Vista(SP2)上で動作するVisual Studio 2008を使用して作成し、動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jを使って作成したアプリケーションを配布する場合、PlusPak for Windows Forms 6.0Jのアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。

 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルをインストールする必要があります。

ファイル名 説明
GrapeCity.Win.PlusPak.v60.dll 本体コンポーネント
GrapeCity.Framework.PlusPak.v21.dll 製品のフレームワーク
ja\GrapeCity.Win.PlusPak.v60.resources.dll 本体コンポーネントのサテライトリソース
ja\GrapeCity.Framework.PlusPak.v21.resources.dll 製品フレームワークのサテライトリソース

 これらのファイルを、プログラムを実行するフォルダにフォルダ構成を変えずに格納します。.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0以上のバージョンの.NET Frameworkがインストールされていることが必須条件です。

コンポーネントのインストール

 はじめてPlusPak for Windows Forms 6.0Jを使用する方は、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にPlusPak for Windows Forms 6.0Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。製品ページの[ダウンロード]タブをクリックしてダウンロード専用ページに移動したら、「PlusPak for Windows Forms 6.0J」の[申込フォーム]をクリックします。

 「トライアル版お申し込みフォーム」に必要事項を入力して登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトのURLを記載したE- Mailが送られてくるので、ここからダウンロードします。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコントロールを追加します。追加するコンポーネントは、アセンブリ名が「GrapeCity.Win.PlusPak.v60」で始まる「GcTabControl」コントロールです。

アセンブリ名が「GrapeCity.Win.PlusPak.v60」で始まる「GcTabControl」コントロールを選択する
アセンブリ名が「GrapeCity.Win.PlusPak.v60」で始まる「GcTabControl」コントロールを選択する

次のページ
GUIのデザイン

修正履歴

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ComponentZine(PlusPak)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

瀬戸 遥(セト ハルカ)

8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/4843 2010/02/01 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング