Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Java 9で「変わること」と、Javaのこれまで」連載一覧

1~7件(全7件)
  • 2018/04/18

    作成したライブラリの公開と実行イメージの作成

     本連載では主に開発フェーズにフォーカスしJava 9の変更点を紹介してきましたが、最終回である今回は、開発後のリリースを中心に変更点を紹介します。また、すでにJava 10がリリースされましたが言語仕様にかかわる変更点はあまりありません。特に言語仕様やAPIの変更においてはJava 9が大きな分岐点であり、Java 10以降を理解する上でもJava 9での変更点を理解することは非常に大切なことと言えます。ただし、JDKのサポートに関して注意すべきことがあります。Oracle JDK 9はJDK...

  • 2018/03/29

    知っていると得する! Java 9になってより便利になった改善点

     本連載ではこれまで、Java 9における比較的大きな変更点を紹介してきました。今回は、まだ紹介していない比較的細かな変更点を中心に紹介します。例を挙げると、「CollectionやStream処理の記述の改善」「Process API」「System.Loggerの追加」などです。これらを知らなくても代替手段があるため、それほど注意深く調べることはないかもしれません。しかし、知っていればより便利な使い方ができるはずです。

  • 2018/03/01

    リアクティブストリームとCompletableFutureの改善

     前々回と前回でJava 9での大きな変更であるモジュール機能と新たなツールであるJShellの紹介をしました。今回からはJDKのコアライブラリに関する変更点を見ていきます。まず、ライブラリ面で最も大きな違いは、リアクティブストリームと呼ばれる並行処理に関する機能が新しく追加されていることです。リアクティブストリームといえば、RxJavaが有名ですが、今回追加された機能はRxJavaと比較して非常にシンプルなものです。しかし、十分便利な機能のなのでぜひ、利用してみることをおすすめします。

  • 2018/01/24

    手軽にJavaの実行結果が確認できるJava 9の新しいツール「JShell」

     前回は、Java 9における最も大きな変更であるモジュール機能(Project Jigsaw)について解説しました。今回は新たに追加されたツールである「JShell」(Project Kulla)を紹介します。JShellはJavaの仕様や動作などの変更とは違い、より広い利用者にJavaを使ってもらう、または、より便利にJavaを使ってもらうといった目的のために用意されたツールです。

  • 2018/01/05

    Java 9のモジュール機能「サービス(SPI)」と既存ライブラリの共存

     前回は、Java 9のモジュール機能「Project Jigsaw」の基本的な使い方を紹介しました。今回はJava 9以前に作られた既存のライブラリとモジュール機能を併せて使う場合の利用方法と、「ServiceLoader」を使う際の変更点を紹介します。

  • 2017/11/24

    Java 9のモジュール機能「Project Jigsaw」の基本を紹介

     前回はJava 9のリリース概要を紹介しました。今回からは変更された部分について、実際のコードを交えながら解説していきます。まずはJava 9で新たに追加された「Project Jigsaw」モジュール機能について、基本的な部分を紹介します。

  • 2017/10/19

    Java 9のリリースとこれまでのトレンドを振り返る

     2017年9月にJava 9がリリースされました。この世に出てから20年以上が経過したJavaは、さまざまな技術トレンドを作ってきました。今でも広く使われている言語であることは間違いありません。本連載ではJava 9がリリースされたこの機会に、Javaのリリースの歴史とJava 9のリリース内容の概要を紹介していきます。1回目となる今回は、これまでリリースされたバージョンを簡単に振り返り、Java 9の変更点について全体像を解説します。

1~7件(全7件)
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5