CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

無償仮想化ソフト「VirtualBox 1.3.6」リリース、openSUSE対応を強化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/02/21 12:18

InnoTekは仮想化ソフト「VirtualBox 1.3.6」をリリースした。1.3.4からわずか1週間足らずの高速リリースとなる。

 InnoTekは20日、仮想化ソフト「VirtualBox 1.3.6」をリリースした。12日にリリースされた1.3.4から、わずか1週間足らずの高速リリースとなる。

 「VirtualBox 1.3.6」はエンタープライズ向け用途にも耐えられるオープンソースの仮想化ソフト。今回のリリースでは異なる顧客向けシステムとの互換性を向上させたほか、オープンソースのLinuxプラットフォーム、「openSUSE 10.2」向けにカスタムインストールパッケージを用意した。同製品は、Virtual BoxのWebサイトから無償でダウンロードすることができる。

 今後は、このバージョンを元に不具合対策等を行いつつ、さらなる開発を進め、3月15日にドイツで開催される「CeBIT 2007」(セビット 2007、国際事務・情報・通信技術見本市)で、メジャーアップデートしたバージョンを公開する予定だという。

VirtualBox:News - VirtualBox
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5