Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エンジニアが活躍できる企業文化への刷新~大企業で外注中心だったパーソルキャリアが内製化を推し進めるまで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/01 14:00

目次

“発展途上”だからこその、やりがいがある

――青田さんはMIIDASの開発のどのような部分にやりがいを感じていますか?

青田:自分の考えがプロジェクトやプロダクトにダイレクトに反映されるところですね。今回お話ししてきたように、MIIDASは新規サービスであり新規事業推進チームもまだ立ち上げて間もないです。だからこそ、各メンバーが積極的に意見を交わし知恵を出し合いながら開発を進めています。

 歴史の長いサービスって開発においてさまざまな制限があったり、エンジニアチームの文化も醸成されていたりして、個々人のアイデアが入りこむ余地が少なくなってきます。でも、MIIDASは本当の意味でゼロから自由な発想の開発ができる。それは大きなやりがいだと思います。

――眞野さんはどうでしょうか?

眞野:DODAという非常に利用者の多いサービスの開発体制を、自分たちの力で改善していけることはとてもチャレンジングです。これからもDODAの開発部署では新しいことをどんどん導入していくつもりですし、会社としてそれを許容してくれる環境も整っています。

 そういう意味では、パーソルキャリアはエンジニアとして相当に働きやすい企業、挑戦しやすい企業だと、私は考えています。

――パーソルキャリアほどの大企業でありながら、まだまだエンジニアにとってチャレンジしがいのある領域がたくさん残っているというのは本当に魅力的ですね。最後に、どんな方と一緒に働いてみたいですか? 読者に向けてメッセージをお願いします。

青田:当社のサービスやエンジニアチームはまだまだ発展途上。だからこそ、より良いものにしていけるよう他のメンバーの意見を尊重しながら努力できる方に来てほしいと思っています。

眞野:エンジニアの人数はまだ少ないですが、逆に少ないがゆえに入ってくれば活躍できる場も多いです。そういう場をどんどん提供できる環境も整っています。若い方からシニアの方まで、どのくらいの年齢やスキルレベルの方でも大歓迎です。

 あえて「こういうエンジニアに来てほしい」という要望を言うならば、自発的に行動できる方が良いと思っています。自ら積極的に仕事を取りにいく、「こうしたらもっと良くなる」と機能の改善案を伝えてくれるなど。そういう当事者意識を持って働ける方には、挑戦しがいのある環境を提供することをお約束します。

パーソルキャリアでは一緒に働くエンジニアを募集中!

 パーソルキャリアの採用情報サイトには、他のエンジニアへのインタビューや、働く環境・会社概要などの情報がたっぷり掲載されています。ぜひ一度ご覧ください。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中薗 昴(ナカゾノ スバル)

     大学卒業後、システムエンジニアとして8年ほど勤務。その後、編集者・ライターへとへキャリアチェンジ。  エンジニアとして培ったテクノロジーへの理解やリサーチスキル、ビジネススキルなどを強みに、テクノロジー・ビジネス系メディアの編集・執筆を得意とする。

バックナンバー

連載:開発現場インタビュー
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5