Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

データ分析エンジニアの基礎をひととおり 『あたらしいPythonによるデータ分析の教科書』発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/20 07:00

 今、業務改善や広告の価値評価、天気予報など、いろいろな領域でデータ分析が活用されています。そこでは主にビッグデータを機械学習で処理し、傾向や有用な情報を抽出して利用しているのです。翔泳社ではデータ分析の基礎を学べる『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』を9月19日に発売しました。まず技術や知識の土台を作りたいからにお勧めです。

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』は、機械学習が得意なPythonを利用し、データ分析の基礎を学べる1冊です。Pythonの文法、数学の知識、ツールの使い方といった、データ分析を行うための土台をひととおりまとめて開設しています。

 今、データ分析エンジニアの需要は高まる一方。関心をもっている方も多いのではないでしょうか。デバイスやセンサーの発達により様々なビッグデータが手に入るようになり、多くの現場でデータ分析の必要性が増している状況です。工場では異常検知システムに、マーケティングでは広告の価値評価に利用されています。その他にもデータ分析の用途は数えきれません。

 本書では、データ分析を行うためのライブラリやツールが豊富なPythonをベースに解説を進めていきます。特に効率的なデータ分析には機械学習の知識が不可欠。科学技術計算を扱うためのNumPy、機械学習を実行するためのデータマイニングやデータ解析を行うscikit-learnなどのツールの使い方を紹介するだけでなく、線形代数学、基礎解析学、確率統計学といった数学の基礎についても説明しています。

 読み通せば、データ分析を行うための基本的な道具が揃います。データ分析エンジニアとして最初の一歩を踏み出すために、ぜひ本書を活用してみてください。

目次

第1章 データ分析とは
第2章 Pythonと環境
第3章 数学の基礎
第4章 ツールの基礎
第5章 応用:データ収集と加工

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

Amazon SEshop その他


Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

著者:寺田学、辻真吾、鈴木たかのり、福島真太朗
発売日:2018年9月19日(水)
価格:2,678円(税込)

本書で学べること

・Pythonの基本的な文法
・データの前処理技術
・データの可視化技術
・既存アルゴリズムでの機械学習の実装

 



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。 Twitter@tiktakbeam

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5