CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

W3C、「XML Binding Language 2.0」(XBL)を勧告候補へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/03/20 12:23

W3Cは、「XML Binding Language 2.0」のステータスをCandidate Recommendationにした。

 W3Cは16日、「XML Binding Language 2.0」(XBL)のステータスを「Candidate Recommendation」にした。Candidate Recommendationとは「勧告候補」の意味。仕様は全て固まっている状態で、何も問題がなければ、このまま勧告されることになる。

 XBLとは「拡張可能な関連付け言語」であり、既存の要素や、スクリプト、イベントハンドラなどにマッピングし、その内容を拡張することが可能。そのため、新しいDOMインターフェイスの実装などに用いることができる。

 詳細は下記Webサイトを参照のこと。

XML Binding Language (XBL) 2.0
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5