CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「デリゲーションポーカー」で不透明な役割分担をカイゼンする~権限委譲のプラクティス

開発現場のストーリーから学んで実践! 最初で最後のカイゼン・ジャーニー 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/19 11:00

目次

デリゲーションボードを作って終わり?

 デリゲーションボードができたらと言って権限委譲が完了するわけでもありません。このプラクティスは権限委譲を考えるきっかけでしかありません。デリゲーションボードを構築する際のコミュニケーションやストーリーを語り合うこと、背景を思い出したり、具体的な状況を共有し認識のズレをあわせていくことが重要なのです。つまり、上司が一人でボードを作っても意味がないのですよ。

 デリゲーションボードができたらと言って権限委譲が完了するわけでもありません。このプラクティスは権限委譲を考えるきっかけでしかありません。

 デリゲーションボードを構築する際、コミュニケーションやストーリーを語り合い、背景を思い出すなど、具体的な状況を共有し認識を合わせていくことが重要なのです。つまり、上司が1人でボードを作っても意味がないのです。既存の役割や暗黙的な制度などの固定概念に縛られずに、自分たちで考え抜き、価値を出すためにやり方もあり方も変えることが大切です。

 「このレベルで依頼したいんだ!」「はい、あのときはこうだったけど、今の僕ならこのレベルを任せてください」など、日々の実践を通しながら、地道にこの「認識の畑」を耕して、お互いの期待を埋めていくことが大切です。権限委譲の認知が生まれるため、短期的に見ても日々の発言や行動が変わってくるでしょう。

 責任を持って業務に対峙し意思決定する機会が増加することで長期的に見ても組織としての成長につながることでしょう。数カ月、半年などの期間で定期的にふりかえり、権限委譲が進んでいるのか、チームが成長できているか、差分を見ながらメンテナンスしてみてはいかがですか。

  • どこまで権限委譲できているか?できていたか?
  • 個人と組織の成長のビフォー・アフターの確認
  • 得意・苦手分野の認識合わせとスキル向上方法の雑談
  • ありたい姿としてどこへ向かうべきか?

日々の業務で自分が実施すべきか判断に迷ったときこそチャンス

 デリゲーションポーカーで権限委譲したことが日常の業務の中で頻出するでしょう。迷うことがあれば、それこそコミュニケーションのチャンスです。随時、お互いに確認しあってギャップを埋めていきましょう。

  • 役割の確認でヌケモレミスを防止するためのコミュニケーションをしよう
  • 権限の認知が生まれている証です。責任感や視座を高めるチャンスなので、随時、期待ギャップを埋めましょう
  • カードの数値で権限レベルの会話ができれば練度は抜群の状態です

エピローグ

 デリゲーションポーカーをみんなでやってみると、思いの外盛り上がった。藤沢さんも、自分たちで決めていくことが楽しそうだった。鎌倉さんはポーカーをはじめるときに「藤沢、お前に任せた」と言って、ぷいと出ていってしまったのだけど

「じゃあ、新しいコンポーネントを作るのが必要なデザイン変更の場合は、必ず片瀬さんと改修内容を合意するってことで」

「そうではないやつ、具体的には既存のデザインのバグ修正は、レビューはするけど、どう直すかとかは和田塚さんに一任しますね」

「それ以外のことについても、この機会に決めていきましょう。例えば、私たちが作っているプロダクトについて外部からの要望があった場合、鎌倉さんに相談をあげるものと、自分たちで決めてしまうものとか」

 藤沢さんが、ちょっと驚いた様子で御涼さんの顔を見た。明らかに、鎌倉さんを中心としたチーム体制に踏み込もうとしている。片瀬さんは全くそのことに気づいてない様子で、早く片付けようと促した。藤沢さんは境川さんの方もちらっと見たが、案の定境川さんからは何も反応がない。

「…そうですね」

 デリゲーションポーカーは、このチームが自分たちで自分たちのあり方を決める一歩になった。

 だけど、間もなく鎌倉さんの逆鱗に触れることになろうとは、私はもちろん、チームの誰1人として、想像していなかった。

参考・出典

 デリゲーションポーカーはJurgen Appelo氏によって設立されたManagement 3.0のプラクティスです。デリゲーションポーカーは下記サイトから購入することができます。また、7つのカード画像を無料でダウンロードすることもできます。

今回の原則の解説:自分たちでやり方もあり方も変える

 今回のテーマ「デリゲーション(委譲)」でのカイゼンにおける原則は、「自分たちでやり方もあり方も変える」です。以下の3点を押さえておきましょう。

  • 不透明な権限と責任をクリアにして各々が最大限活躍する自己組織化チームになろう
  • 意思決定の機会を増加させ、組織で成長し組織のパフォーマンスをアップさせよう
  • 期待のズレを減らし、ムダな承認待ち時間や手戻りを軽減させよう

本連載を深く理解するには、書籍『カイゼン・ジャーニー』の併読がオススメ!

カイゼン・ジャーニー

Amazon SEshop その他

カイゼン・ジャーニー
たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

著者:市谷聡啓、新井剛
価格:2,484円(税込)

【連載との違い】

CodeZineの連載では、現場におけるチーム活動でのシーンを想定して実践的な作りにしていますが、コンパクトにまとめているため、個人が根本を深く理解するのに向いていません。理論や原理原則を体系的にまとめた書籍『カイゼン・ジャーニー』を精読いただくと理解が深まり、より生きた知識が身につきます。ぜひお買い求めください!

実践編セミナー「機能するチームを作るためのカイゼン・ジャーニー」開催!

 CodeZine Academyにて、著者の市谷氏、新井氏を講師に迎えたセミナー「機能するチームを作るためのカイゼン・ジャーニーを開催します。「講義」と「ワークショップ」で、書籍や連載の内容をさらに実践的に学ぶことができます。以下の通り、申し込み受付中です。

  • 開催日時:2019年7月12日(金)10:00~18:00
  • 受講料金:54,000円(税抜価格50,000円)
  • 場所:株式会社翔泳社 セミナールーム
  • 詳細・申し込み:https://event.shoeisha.jp/cza/20190712


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:開発現場のストーリーから学んで実践! 最初で最後のカイゼン・ジャーニー

もっと読む

著者プロフィール

  • 市谷 聡啓(イチタニ トシヒロ)

     ギルドワークス株式会社 代表取締役/株式会社エナジャイル 代表取締役/DevLOVEコミュニティ ファウンダー  サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェ...

  • 新井 剛(アライ タケシ)

     株式会社ヴァル研究所 SoR Dept部長/株式会社エナジャイル 取締役COO/Codezine Academy Scrum Boot Camp Premiumチューター  CSP(認定スクラムプロフェッショナル)/CSM(認定スクラムマスター)/CSPO(認定プロダクトオーナー)  Java...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5