CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Linux障害発生時のメッセージ検索システム「OSSメッセージペディア」公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/04/27 11:31

ユニアデックスは、Linux障害発生時に出力される警告や障害メッセージの意味、その対処方法などをインターネット上で検索できるサービスを開始した。

 ユニアデックスは、Linux障害発生時に出力される警告や障害メッセージの意味、その対処方法などをインターネット上で検索できるサービス「OSSメッセージペディア」を開始した。

 Linuxカーネルが出力したエラーメッセージなどを「OSSメッセージぺディア」で検索すると、その意味や状態の解説、対処方法などを調べることができ、効率の良い障害対応を行えるようになる。

OSSメッセージペディア
OSSメッセージペディア

 登録されているメッセージには「サポート部門に報告されている警告や障害メッセージ」「システムログに蓄積されることの多い警告や障害メッセージ」などが含まれており、その数は公開時点で356メッセージとなっている。これは、Linuxカーネル障害時に通常表示される可能性のあるメッセージの1割弱に相当するという。

 「OSSメッセージペディア」に収容したメッセージマニュアルは、改変、複製、ならびに再配布が自由なオープンソース形式のドキュメントライセンスである、GFDL(GNU Free Documentation License)となっており、ユーザーが加筆・修正することもできる。今後は編集するユーザーを増やし、コンテンツの拡充を図っていきたいとしている。

 またユニアデックスでは、「OSSメッセージペディア」自体のプログラム・ソースコードを公開する予定であることも併せて発表している。

ユニアデックス:Linux障害発生時のメッセージ検索システム「OSSメッセージペディア」を公開
OSS Message Pedia
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5