CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、「Visual Studio 2022 17.1」の一般提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/02/18 12:00

 米Microsoftは、統合開発環境「Visual Studio 2022 17.1」の一般提供を2月15日(現地時間)に開始した。

 「Visual Studio 2022 17.1」では、すべての開発者がより高速で生産性の高い検索エクスペリエンスを体験できるよう、デフォルトでインデックス付きのファイル内検索を有効にしている。

 また、Visual Studioがフォーカスを失うたびに、プロジェクト、ソリューション、その他のファイルを含むすべてのダーティドキュメントをIDEに保存するよう設定可能になったほか、現在のブランチをリポジトリ内の他のブランチと比較できるようになるとともに、コミットをチェックアウトしてリモートブランチの先端をチェックアウトする機能を備えた拡張されたデタッチドヘッドがサポートされるなど、いくつかのGit関連機能も追加された。

 ほかにも、組み込みレジスタとRTOSスレッドの視覚化、ソリューションフィルタへのすべてのプロジェクト依存関係ツリー全体の読み込みが追加され、ProfessionalエディションおよびEnterpriseエディションのユーザーに対しては、「Visual Studio 2022 17.1」で追加された新機能をいつ採用するかを管理するオプションも用意されている。

 あわせて、「Visual Studio 2022 17.2」の第2回目となる更新プログラムの最初のプレビューも提供を開始した。同プレビューには、.NET MAUIにおけるバグ修正と改善、Gitエクスペリエンスの継続的な機能強化、新たな言語機能である生文字列リテラルなどC# 11におけるリファクタリングのサポート、SQLite、PostgreSQL、MongoDBデータソースを使用したローカル開発のための新機能などが含まれている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5