SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

一歩進んだAndroidアプリ開発ができる「Android Jetpack」入門

画面へのデータ反映処理を自動化できるデータバインディング! 監視オブジェクトやLiveDataの利用方法を紹介

一歩進んだAndroidアプリ開発ができる「Android Jetpack」入門 第8回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載は、「Android Studio2で始めるアプリ開発入門」連載、および『Androidアプリ開発の教科書』の続編にあたる内容として、Jetpackを取り上げていきます。前回は、データバインディングでの式言語、エンティティの利用、リスナ登録を紹介しました。今回は、データバインディングを紹介する最後として、監視オブジェクトの利用や双方向データバインディング、さらにLiveDataの利用方法を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ViewModelを直接バインディング

 前回、イベント処理を記述したクラスをバインディングオブジェクトにセットすることで、データバインディングを利用する方法を紹介しました。実は、ViewModelを直接バインドすることもできます。今回は、ViewModelを直接バインドする方法から始めていきます。

 サンプルデータは、GitHubから参照できます。

縦の長さと横の長さを別々に生成するサンプル

 前回のサンプルでは、ボタンはひとつのみであり、そのボタンをタップすることで、縦の長さと横の長さの両方が同時に生成される仕組みとなっていました。今回のサンプルは、これを別々にし、図1の画面とします。

図1:縦の長さと横の長さを別々に生成させるアプリの画面
図1:縦の長さと横の長さを別々に生成させるアプリの画面

 それぞれのボタンをタップすることで、縦の長さ、横の長さがそれぞれ別々に生成されます。その場合、前回のように、それぞれのボタン用のイベント処理メソッドを、前回作成したMainHandlersのようなイベント処理クラスに定義し、そのメソッドをonClick属性に設定してもかまいません。

ボタンタップイベントにViewModelのメソッドを設定

 一方で、そのメソッドの処理内容というのは、結局はViewModel内のメソッドの実行となることが多々あります。そこで、ViewModelをバインディングオブジェクトに直接バインドし、そのメソッドを設定するようにします。

 例えば、縦の長さを再生成するメソッドとしてgenerateNewHeight()、同じく横の長さのgenerateNewWidth()がMainViewModelに定義されているとして、それらのメソッドをバインドするレイアウトxml上のコードは、リスト1のようになります。

リスト1:ViewModelを直接バインドしたレイアウトxmlのコード
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<layout
  xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  …>
  <data>
    <variable
       name="mainViewModel"
       type="com.….MainViewModel"/>  (1)
  </data>
  <androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout
    …>
     :
    <TextView
      android:id="@+id/tvHeight"
      :
      android:text="@{mainViewModel.rectangle.heightStr}"/>  (2)
     :
    <Button
      android:id="@+id/btnGenerateHeight"
      :
      android:onClick="@{(view) -> mainViewModel.generateNewHeight()}"/>  (3)
    <Button
      android:id="@+id/btnGenerateWidth"
      :
      android:onClick="@{(view) -> mainViewModel.generateNewWidth()}"/>  (4)
  </androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>
</layout>

 リスト1の(1)のように、variableタグのtype属性値として、単にMainViewModelを指定するだけです。変数名は、mainViewModelとしています。そして、このmainViewModelのメソッドを、onClickイベントとして設定しているのが、(3)と(4)です。

 前回のイベント処理メソッドの登録構文の通り、ラムダ式を利用します。(3)では縦の長さの再生成メソッドであるgenerateNewHeight()を、(4)では横の長さのgenerateNewWidth()を登録しています。これだけで、ViewModel内のメソッドを直接実行できるようになります。

 また、このMainViewModelのフィールドとしてRectangleオブジェクトを保持し、そのゲッタを用意しておくだけで、(2)のように、Rectangle内の各データには、.(ドット)を繋ぐだけでアクセスできるようになります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
監視オブジェクトの利用

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一歩進んだAndroidアプリ開発ができる「Android Jetpack」入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト 齊藤 新三(サイトウ シンゾウ)

WINGSプロジェクトについて>有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook<個人紹介>WINGSプロジェクト所属のテクニカルライター。Web系製作会社のシステム部門、SI会社を経てフリーランスとして独立。屋号はSarva(サルヴァ)。HAL大阪の非常勤講師を兼務。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18826 2024/01/11 11:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング