Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

RubyのCursesを使ってコンソールを制御する

作って覚えるRuby再入門 第1回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/08 12:00

ダウンロード ソースコード (3.8 KB)

Rubyの入門書は読んだけど次はどうやって勉強しようかなと考えていたりしませんか? この連載では、そんな方々のために、Railsを使わずに動作する少し大きめの例題を用意しました。この例題を作っていくことで、Rubyへの親近感と勘所を養ってもらえたらうれしいです。

目次

対象読者

  1. Rubyの入門書を一読した方
  2. 練習用にRubyのプログラムを作りたいが良い課題が見つからない方

必要なもの

 Ruby本体とお好きなエディタを用意してください。RubyGemsも少し使います。

 筆者は以下の環境で執筆しています。

 ruby 1.8.6-p111 / SAKURAエディタ / WindowsXP SP2 / gem 0.9.5

この連載の目標

 作っていく例題としてどんなものがいいかとかなり考えました。今回はRailsを使わないと決めたのでWEBアプリは避けたいし、入門書によくあるようなコマンドライン上で文字がちょっと出るだけというのも面白くないし、GUIアプリも敷居が高そうです。考えた結果、コンソールをいろいろ制御するようなプログラムを作ることにしました。古い人には懐かしく若い人には新鮮かもしれません。見た目は地味ですがなかなか面白いですよ。では始めていきましょう。

コンソールライブラリを使ってみる

 Rubyでコンソールアプリを作るには、コンソールライブラリが必要です。

 Ruby用のものはいくつかありますが、標準でもCursesというライブラリが入っています。今回はこれを使います。

Windows環境をお使いの方へ
 Windows用のRubyでCursesやRubyGemsを使用する場合、別途拡張ライブラリのインストールが必要です。
 次の手順に従って拡張ライブラリをインストールしてください。
  1. "http://jarp.does.notwork.org/win32/"から「pdcurses-2.60-1-mswin32.zip」および「zlib-1.1.4-1-mswin32.zip」をダウンロードし解凍する。
  2. 解凍された各フォルダの「bin」フォルダにpdcurses.dll、zlib.dllがあるので、それをrubyのインストール先の「bin」フォルダにコピーする。

基本的な扱い方

 まずは月並みですが「HelloWorld」的なプログラムです。

 エディタを使って次のプログラムを作成してください。

welcome.rb
require "curses"

Curses::init_screen
Curses::setpos(5, 2)
Curses::addstr("Cursesの世界にようこそ")
Curses::refresh
Curses::getch
Curses::close_screen

 出来上がったらwelcome.rbという名前で保存してください。

 実行はコマンドプロンプトで動かすようにしてください。

実行方法
c:\> ruby welcome.rb

 このプログラムを元にCursesの基本的な扱い方を説明していきます。

 1行目:まず"curses"をrequireします。ちなみにCursesライブラリはモジュールなのでオブジェクト生成無しでメソッドを使うことができます。

 3行目:最初に必ずinit_screenを呼ぶ必要があります。このメソッドは画面を初期化します。初期化しないとCursesの他のメソッドを呼び出すことはできません。

 反対にプログラムの最後は必ずclose_screenを呼び出す必要があります。つまりアプリ独自の処理はinit_screenclose_screenの間に書くことになります。

 4行目:カーソルをsetposメソッドを使って移動します。座標は左上を0,0としてy軸、x軸の順番で指定します。そしてその位置にaddstrを使って文字列を挿入しています。

 5行目:ここまでの処理を実際のコンソールに反映するためにはrefreshメソッドを呼ぶます。画面のどこかを書き換えたら必ずrefreshしないといけません。

 6行目:getchとはユーザーの文字入力を受け付けるメソッドです。文字が入るまでずっと待つ動きをします。これがないとこのプログラムが一瞬で終わってしまいますので入れてあります。

ウィンドウを扱う

 Cursesはコンソール上に仮想的なウィンドウ(Curses::Windowオブジェクト)を作ることができます。ウィンドウは境界線を文字を使って描いたり、カーソル位置を各々で保持することができます。

 初期状態ではコンソール画面全体を覆うウィンドウがひとつ作成されています。次のメソッドによりその既成のウィンドウのCurses::Windowオブジェクトを取得することができます。

stdscrメソッド
Curses::stdscr

 ウィンドウ内にサブウィンドウを作ることもできます。Curses::Windowクラスの次のメソッドを使います。

subwinメソッド
subwin(height, width, y, x)

 以下はサブウィンドウを表示するサンプルプログラムです。

 最初の例と同じようにエディタで入力しコマンドプロンプトで動かしてみてください。

subwind.rb
require "curses"
include Curses

init_screen
begin
  win = stdscr.subwin(5,30,2,2)
  win.box(?|,?-,?*)
  win.setpos(2,2)
  win.addstr("サブウィンドウです")
  win.refresh
  getch
ensure
  close_screen
end

 前回と異なる部分のみを説明していきます。

 まずCursesをincludeメソッドでMix-inしています。これによりCursesのメソッドが自分のメソッドであるかのように使え、メソッドを呼ぶ度にCurses::と書くのを省略できます。

 続いてinit_screenの二行下、前述のstdscrメソッドで既成のウィンドウオブジェクトを取得し、そのサブウィンドウを生成しています。

 boxメソッドはウィンドウの境界線を描きます。引数として境界を描く文字の文字コードを渡します。("文字列"ではないことに注意してください。Rubyでは文字コードはその文字に?を付けると得られます。例えば?*はアスタリスク(*)の文字コードになります。)


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 越智 理夫(オチ マサオ)

    株式会社カサレアル プロフェッショナルサービスセンター所属。エンジニア向けトレーニングコースの開発および講師を行う。専門はJava,Ruby,OOAD,DOA,テスト駆動開発など。最近二歳の娘にこき使われている。

バックナンバー

連載:作って覚えるRuby再入門
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5