Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

いつでもどこでも使えるデータベース 「SQL Anywhere」
(SQL Anywhere 11対応版)

SQL Anywhereの魅力を探る 1 改訂版

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/14 14:00

 SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第1回では、SQL Anywhereの概要を説明します(本稿は既存の記事を最新版に合わせてバージョンアップしたものです)。

目次

 本稿は、森脇氏が執筆した『使える! SQL Anywhere』(翔泳社刊)のP.2~15を抜粋し修正した記事に、森山氏が最新版の内容を一部加筆して再構成されています。

1.1 SQL Anywhereとは

 iAnywhere Solutions, Inc.(以下、iAnywhere Solutions社)は、企業情報システムを「いつでも、どこでも」「オンラインでも、オフラインでも」利用できるように、そのインフラとなるソフトウェアをパッケージ製品として提供している。データベースや同期ツールを含む「SQL Anywhere」やPCおよび携帯端末のデバイス管理を可能にする「Afaria」、RFIDデータを管理する「RFID Anywhere」、自然言語によるGUIや検索を可能にする「Answers Anywhere」、IBM Lotus NotesやMicrosoft Exchange Serverとスマートフォン(iPhoneを含む)間とでメールなどの情報を同期する「Mobile Office」(旧製品名:OneBridbe)、GIS(地理情報システム)の構築を支援する「Maplet」などのパッケージ製品がある。また、製品の保守や製品にまつわるコンサルティングサービスも手がける。

 本連載では、これらのうち主力製品である「SQL Anywhere」を解説する。まず、開発元のiAnywhere Solutions社と製品の簡単な歴史を紹介してから、製品概要とデータベースの役割について説明し、技術的詳細については次回以降で解説する。

1.1.1 歴史

 SQL Anywhereの歴史は、Watcom SQLというデータベースから始まる。このデータベースを開発したのはWatcom International Corporation(以下、Watcom社)である。Watcom社は、1981年にカナダのWaterloo大学の研究グループが母体となって誕生した。そして1992年、MS-DOSとQNX上で動作する省リソースなデータベースとしてWatcom SQL 3をリリースした(※1)。

 1994年、Watcom社はPowersoft社に買収され(※2)、続く1995年、Powersoft社はSybase社に買収された。Watcom SQLは、Sybase社の製品群に加えられ、「Sybase SQL Anywhere 5.0」と名前を変えて発売された。現在と同じ製品名称が用いられたのは「SQL Anywhere Studio 6」からである。1999年、Sybase社内に、Mobile and Embedded Computing(MEC)事業部が設立され、この事業部がSQL Anywhereの開発・サポートを担当するようになる。2000年、MEC事業部が分社化され、iAnywhere Solutions社が誕生した。

 一方、日本では、サイベース株式会社のアイエニウェア・ソリューション事業部がSQL Anywhere Studioの販売を行っていたが、2003年にこの事業部は、iAnywhere Solutions社の子会社であるアイエニウェア・ソリューションズ株式会社(以下、アイエニウェア・ソリューションズ社)として独立し、現在に至る。

表1.1 : 製品年表
1992年 Watcom SQL 3リリース
1994年 Watcom SQL 4
1995年 Sybase SQL Anywhere 5
1996年 Sybase SQL Anywhere 5.5
1998年 SQL Anywhere Studio 6
2000年 SQL Anywhere Studio 7
2001年 SQL Anywhere Studio 8
2003年 SQL Anywhere Studio 9
2004年 SQL Anywhere Studio 9.0.1日本語版
2007年 SQL Anywhere 10.0.1日本語版
2009年 SQL Anywhere 11.0.1日本語版
表1.2 : 会社年表
1981年 Watcom International Corporation設立
1994年 Powersoft社がWatcom社を買収
1995年 Sybase社とPowersoft社が合併
1999年 Sybase社MEC事業部が設立
2000年 iAnywhere Solutions, Inc.設立
2001年 サイベース株式会社アイエニウェア・ソリューション事業部が設立
2003年 アイエニウェア・ソリューションズ株式会社が設立
2004年 XcelleNet社/Dejima社買収
2005年 Extended Systems社買収
2006年 本社を赤坂に移転
2007年 GISソフトウェアメーカの(株)コボプランを買収
注1
 同社は、Watcom Cコンパイラという製品でも有名である。現在、Watcom Cコンパイラはオープンソースとなり、Open Watcomの名称で今日も利用可能である。
注2
 Powersoft社は、統合開発環境であるPowerBuilderの製造元であった。現在、PowerBuilder 11が発売中である。

1.1.2 SQL Anywhereのターゲット市場

 SQL Anywhereがターゲットとする市場は3つある。

1. モバイルソリューション市場

 現在の企業活動においては、オンライン/オフラインを問わず、「いつでも、どこでも」会社のデータにアクセスして活用できることが求められている。そのためには、企業の情報システムをモバイル化するためのツールが必要だ。

 SQL Anywhereは、ノートパソコンやPDA(スマートフォンを含む)といったモバイル端末でも動作するデータベースをユーザに提供する。また、データ同期テクノロジもある。代表的な活用分野はCRM(Customer Relationship Management)やSFA(Sales Force Automation)だ。顧客情報や商品情報などをデータベース化し、ノートパソコンやPDAに入れて携帯することで、渉外活動中に企業データを利用できる。データが個々のデバイスに分散してしまうことになるが、同期テクノロジによりデータを中央に集約することが可能だ。

2. アプリケーションやハードウェアへの組み込み市場

 パッケージソフトなどのアプリケーションでは、データの保存や検索といったデータベース機能が必要なことが多い。SQL Anywhereは、たとえば、企業会計パッケージやPOS端末などに組み込まれて利用されている。このような利用形態の場合、データベースが高性能なマシン上で使用されるとは限らないが、SQL Anywhereならばエンドユーザにデータベースの存在を意識させないほど省リソースで動作する。また、数多くの店舗や代理店に配備するシステムとして大量のローカルデータベースが必要とされるようなケースにも、SQL Anywhereは適している。SQL Anywhereは、省リソースかつ高機能で、アプリケーションに組み込みやすいからだ。

3. 中小企業・中小規模向け(SMB)市場

 中小企業や大企業の支店などの中小規模向け(Small to Medium sized Businesses)市場で用いられるデータベースには、エンタープライズ級の高性能・高機能が求められる一方で、専任のIT担当者やデータベース管理者を設けられないため、できるだけ管理コストを抑えることも必要とされる。

 SQL Anywhereは、管理の手間を不要とすることを設計コンセプトに掲げている。また、バージョンを重ねるにつれて中・大規模向けの機能が拡充され、エンタープライズレベルの用途にも対応している。クライアント/サーバシステムやWebアプリケーションのバックエンドにあるデータベースサーバを、PCサーバ上で運用することも多いだろう。そのような場合にも、SQL Anywhereの利用価値は高い。

1.1.3 コンポーネント

 SQL Anywhereには、3つの代表的なコンポーネントとGUI管理ツールがある。

SQL Anywhere(データベース)

 SQL Anywhereは、SQL Anywhereのメインのコンポーネントであるデータベースだ。Adaptive Server Anywhere(ASA)が現在の正式名称であるが、いずれSQL Anywhereに統一される予定となっている。このため、本連載ではSQL Anywhereという表記を用いることにする。

Ultra Light(データベース)/Ultra Light J(データベース)

 Ultra Lightは、Windows CEやPalm OS、Embedded Linuxに対応する超軽量データベースである。また、SQL Anywhere 11より、Java MEとJava SEの各プラットフォームと、BlackBerryスマートフォン向けに設計されたUltra Light Jも提供された。

Mobile Link(同期テクノロジ)

 Mobile Linkは、SQL AnywhereやUltra Light/Ultra Light Jと他のデータベースとを同期するためのコンポーネントである。なお、Mobile Link以外の同期テクノロジとしてSQL Remoteと呼ばれるコンポーネントもあるが、本連載では説明を割愛する。

GUI管理ツール

 GUI管理ツールとして、データベースを管理するSybase CentralやSQLを実行するInteractive SQLなどがある。

 Sybase Centralは、データベースを管理・操作する上で必要な操作をGUIや対話形式のウィザードで行うことが可能で複雑なコマンドを駆使する必要はない。

 Interactive SQLはSQL文を実行および結果表示するツールであり、SELECT文の構築を支援するクエリ・エディタ、クエリの実行プランを確認するプラン・ビューワなどの機能が提供される。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 森脇 大悟(モリワキ ダイゴ)

    1974年生まれ。神奈川県川崎市出身。京都大学理学部物理学科卒業。同大学院 修士課程中退後、有限会社グルージェント(現・株式会社グルージェント)入社。 SIとして金融や物流システムを手がける。2003年アイエニウェア・ソリューションズ株式会社入社。エンジニアとして製品の導入支援やコンサルティング業...

  • 森山 誠(モリヤマ マコト)

    1967年生まれ。群馬県出身。1985年日立製作所に入社。メインフレームのデータベースに初めて触れて、幾つかの経験・経緯をへて、現在の会社でデータベース:SQL Anywhereを中心に活動中。   『仕事』と『家族』と『フリーライン・スケート』を愛するライダーです。 (・_・?)アレ...

バックナンバー

連載:SQL Anywhereの魅力を探る

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5