Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

SQL Anywhereのインストールと概要
(SQL Anywhere 11対応版)

SQL Anywhereの魅力を探る 2 改訂版

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/15 14:00

 SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第2回は、SQL Anywhereのインストール方法および、GUIツールやアーキテクチャの概要について説明します(本稿は既存の記事を最新版に合わせてバージョンアップしたものです)。

目次

 本稿は、森脇氏が執筆した『使える! SQL Anywhere』(翔泳社刊)のP.18~31を抜粋し修正した記事に、森山氏が最新版の内容を一部加筆して再構成されています。

2.1 インストール

 今回はまず、SQL Anywhereのインストール方法を説明する。インストール自体は簡単なので、ここでは、わかりにくい部分のみ取り上げる。

 今回は評価目的のため、アイエニウェア社のWebページから無償版のDeveloper Editionをダウンロードして利用する。ダウンロードに日本語マニュアルもダウンロードしておくと良い。

 それ以外の用途でも無償で利用できるライセンスが用意されているので、参考として以下に記す。各エディションには、あらかじめユーザ登録(無償)が必要だ。詳細は同Webページを参照していただきたい。

無償で利用できるEditionの種類
Edition 用途および有効日数
Developer Edition 開発・テストに限り無償で無期限使用可能。実運用環境への適用には別途ライセンスの購入が必要です。
Educational Edition 高等教育以上の教育機関での教育用途、非商用リサーチ、学問のための使用に限り、無償で無期限使用可能。学校内システムでの利用にはライセンスの購入が必要です。
Web Edition ブラウザベースのクライアントアプリケーションへの適用に限り無制限(ただし、WebサーバとDBサーバを同一筐体で使用する等、若干の制限あります)。

2.1.1 Windows版のインストール

 「setup.exe」を実行すると、以下の画面が表示され、[SQL Anywhere 11のインストール]ボタンを押すとインストールが開始される。

 登録キーの入力画面が表示されたら、Developer Edition登録キーを入力する。

 インストール途中で以下の画面が表示され、セットアップタイプを選択することができる。

 [すべて]を選択した状態で[次へ]ボタンを押すと、すべての機能がインストールされる。

 また、必要な機能をインストールしたい場合は[カスタム]を選択し[次へ]ボタンを押すと、以下の画面が表示され機能を選択できる。

図2.1 : カスタム セットアップ
図2.1 : カスタム セットアップ

 この画面で表示されている、選択可能な機能の意味は次のとおりである。

表2.1 : カスタム セットアップで選択可能な機能
分類 機能 説明
データベース SQL Anywhere Windows用の全機能搭載リレーショナル・データベース
SQL Anywhere for Windows Mobile Windows Mobile用の全機能搭載リレーショナル・データベース
Ultra Light 小型デバイス用のコンパクトなリレーショナル・データベース
同期とメッセージング Mobile Link 他社データベース間とのデータ同期を可能にするコンポーネント
QAnywhere Mobile Linkをインフラとしたメッセージ通信するコンポーネント
SQL Remote SQL Anywhere間のデータベース同期コンポーネント
管理ツール SQL AnywhereとMobile Linkサーバの監視用ツール
サンプル 各種機能のサンプル
高可用性 SQL Anywhereデータベースのミラーリングを行うコンポーネント
ライセンス情報の入力

 有償製品版のインストールではライセンス情報を入力する必要がある。ライセンス数を入力し、ライセンスのタイプを選択する。なお、Developer Editionをインストールする場合は、この画面は表示されない。

 

図2.2 : ライセンス情報の入力
図2.2 : ライセンス情報の入力

2.1.2 インストールされる環境変数

 インストールされる環境変数として、以下のものがある。

SQLANY11

 SQL Anywhereがインストールされたディレクトリを示す。本稿でも、インストールされたディレクトリを%SQLANY11%で示す。デフォルトでは、「C:\Program Files\SQL Anywhere 11」になる。

SQLANYSAMP11

 サンプルプログラムなどで利用される。%SQLANYSAMP11%で示すディレクトリは、デフォルトでは、「C:\Documents and Settings\All Users\Documents\SQL Anywhere 11\Samples」になる。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 森脇 大悟(モリワキ ダイゴ)

    1974年生まれ。神奈川県川崎市出身。京都大学理学部物理学科卒業。同大学院 修士課程中退後、有限会社グルージェント(現・株式会社グルージェント)入社。 SIとして金融や物流システムを手がける。2003年アイエニウェア・ソリューションズ株式会社入社。エンジニアとして製品の導入支援やコンサルティング業...

  • 森山 誠(モリヤマ マコト)

    1967年生まれ。群馬県出身。1985年日立製作所に入社。メインフレームのデータベースに初めて触れて、幾つかの経験・経緯をへて、現在の会社でデータベース:SQL Anywhereを中心に活動中。   『仕事』と『家族』と『フリーライン・スケート』を愛するライダーです。 (・_・?)アレ...

バックナンバー

連載:SQL Anywhereの魅力を探る

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5