Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual Studio 2010 Beta 2を使ってみよう

Visual Studio 2010 Beta 2レビュー(前編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/23 00:00

目次

ウィンドウの移動

 VS 2010 Beta 2ではツールウィンドウやエクスプローラはもちろん、コードエディタ/デザイナもフローティングウィンドウとして自由な場所に移動させることができます。ウィンドウをフローティング状態にするには、対象となるウィンドウのタブを左クリックした状態でドラッグします(図12)。

図12  ボタンとラベルを配置
図12  ボタンとラベルを配置

スマートインテリセンス

 Button1をダブルクリックし、ラベルに「Hello Visual Studio 2010」と表示させるようにコードを追加します(リスト1)。

[リスト1]Button1_Clickイベント
 protected void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
 {
    lblMessage.Text = “Hello Visual Studio 2010”;
 }

 この時、「Mes」と入力しても図13のようにインテリセンス表示の中にlblMessageが現れます。従来と同様、「lbl」と入力した状態でもインテリセンス表示の中にlblMessageが現れますが、このように単語中の大文字で区切られた部分もインテリセンスの表示対象となります。

図13 スマートインテリセンス機能
図13 スマートインテリセンス機能

 次にメソッド抽出したい部分(リスト1のlblMessage.Text = "Hello Visual Studio 2010";)を選択して右クリックをし、[リファクター]-[メソッドの抽出]から新しいメソッド名を「ChangeText」とし、ChangeTextメソッドを作成します。次にstring型のmessageがChangeTextメソッドの引数となるようソースを修正します(リスト2)。

[リスト2]ChangeTextメソッドの作成
private void ChangeText(string message)
{
    lblMessage.Text = message;
}

 また、併せてリスト1のButton1_Clickイベントをリスト3のように修正します。

[リスト3]Button1_Clickイベントの修正
protected void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    ChangeText("Hello Visual Studio 2010");
}

ハイライト表示

 ここで、messageの前にカーソルを合わせると、そのソース内で使用されているmessageの箇所がすべてハイライト表示されます(図14)。ハイライトされた箇所は[Ctrl]+[Shift]+[↑]または[Ctrl]+[Shift]+[↓]で移動することができます。

図14 ハイライト表示
図14 ハイライト表示

移動のサポート

 messageがハイライトされている状態で、[Ctrl]+,(カンマ)を押すと(もしくはメニューバーの[編集]-[移動]を選択する)、移動ダイアログが表示されます(図15)。移動ダイアログはソリューション内において型、ファイル、変数、メンバを検索することができ、検索結果の一覧から該当箇所に移動することができます。

図15 移動のサポート機能
図15 移動のサポート機能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2010/02/16 12:15 誤字修正:LabelのIDをlblMessegage… ⇒ LabelのIDをlblMessage…

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト asa(asa)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

バックナンバー

連載:Visual Studio 2010 Beta 2レビュー
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5