Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Firefox 4 Beta 1」公開
次期バージョンのベータテスト版第1弾

WebMフォーマット、WebSockets、Indexed DBなどをサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/07 14:38

 Mozillaプロジェクトは6日(現地時間)、Webブラウザ「Firefox 4 Beta 1」を公開した。

次期バージョン初のベータテスト版で、多くの新機能が実装されている。

 ベータテストに参加したい利用者は、Firefox 4 Betaページから英語版がダウンロードできる。なお、現行の正式版であるFirefox 3.6系を利用している場合は、プロファイルで使い分けることができる。

 Firefox 4の大きな特徴は、Googleが提唱するWebMフォーマットの動画をサポートした点だ。Windows版では見た目も刷新され、タブが上部に表示されるようになった。また、Windows Vistaおよび7では、メニューバーがFirefoxボタンに置き換えられている。

 ほかにも、起動時やページ読み込み時のパフォーマンスが改善され、アドオンマネージャがコンテンツエリアに表示されるようになった。さらに、CSSの:visitedセレクタに関するプライバシーの問題も解決されている。

 HTML5関連では、HTML5パーサが刷新され、WebSocketsに対応した。Indexed DBもサポートされたため、Gmailなどクラウドのアプリケーションが軽快に動作するようになったとしている。そのほか、Webコンソールや新しいJetpack SDKにも対応している。

Firefox 4 スクリーンショット
Firefox 4 スクリーンショット

 Firefox 4 Beta Technologyにて、既存のバージョンとの機能比較を確認できる。今後はさらに新しい機能を実装し、2~3週間ごとにベータ版が公開される予定。

 
【関連リンク】
Mozilla Japan ブログ - Firefox 次期バージョンのテスター向けベータ版第 1 弾、Firefox 4 Beta 1 を公開しました

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5