Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アドビ、電子文書ソリューションの最新版「Adobe Acrobat X」を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/10/18 18:00

 アドビシステムズは18日、電子文書ソリューションの最新版「Adobe Acrobat X」(アドビ アクロバット テン)および「Adobe Reader X」「Adobe Acrobat X Suite」の提供開始を発表した。

 新機能の「アクションウィザード」によってPDF文書の作成プロセスを簡素化できるようになった他、複数のファイルを1つのPDFファイルにまとめて扱える「PDFポートフォリオ」のデザイン性が拡張された。Microsoft SharePointとの連係機能も強化され、PDFファイルをAcrobat内から直接チェックイン、チェックアウトして共有文書をレビューできるようになった。

 今回からAdobe Photoshopなどのデジタルコンテンツ編集製品を同梱した「Adobe Acrobat X Suite」が新しく製品ラインナップに追加されている。

 無償のPDF閲覧ツール「Adobe Reader X」では、付箋のようにコメントを記入できる「ノート注釈ツール」、強調表示するための「ハイライトツール」が利用できるようになり、Android、Windows Phone 7、Blackberry Tablet OSといった携帯端末向けのAdobe Reader Xも提供されるようになった。

 また、オンラインサービスのAcrobat.com上でファイルのやり取りを可能にする無償の新サービス「Adobe SendNow」の開始も発表した。

 アドビストアでの価格はAdobe Acrobat X Standardの通常版が36,540円、アップグレード版が19,110円。Adobe Acrobat X Proの通常版が57,540円、アップグレード版が25,410円。Adobe Acrobat X Suiteの通常版が151,200円(すべて税込)。

 提供開始日は、Acrobat X ProおよびStandard日本語版のダウンロード版が11月15日、ライセンス版が11月16日、パッケージ版が12月1日から。Acrobat X Suite 日本語版はダウンロード版およびライセンス版が11月24日、パッケージ版が12月10日から。Adobe Reader X 日本語版が11月15日からとなっている。

 
【関連リンク】
Adobe Acrobat

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5