CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

インストールマニアックス ~ グレープシティコンポーネント meets Windows Azure

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/04 14:00
目次

SPREAD for ASP.NET 5.0JのAzure動作検証

 次は、SPREAD for ASP.NETを試してみます。表計算コンポーネントの定番ともいえるコンポーネントで、Excelとの親和性も高いのが特徴です。

SPREAD for ASP.NETをWindows Azure開発環境で動作させてみる

 まず、先ほどの手順と同じように、WebRole側のプロジェクトにaspxファイルを新規追加してツールボックスからSPREAD for ASP.NETをドラッグ&ドロップし、デザイナで次のような画面デザインを定義します。

図8 SPREAD for ASP.NET
図8 SPREAD for ASP.NET

 Windows Azureの実環境にはSPREAD for ASP.NETはインストールされていないので、「fp_client」フォルダをプロジェクトに追加すると共に、次のコンポーネントを参照設定してプロパティウィンドウの「ローカルコピー」欄をTrueにし、DLLを一緒に配布します(VBの場合、参照設定を指定してプロパティウィンドウに表示するためにはソリューションエクスプローラで「すべてのファイルを表示」をOnにする必要があります)。

  • FarPoint.CalcEngine.dll
  • FarPoint.Excel.dll
  • FarPoint.PDF.dll
  • FarPoint.Web.Chart.dll
  • FarPoint.Web.Spread.Extender.dll
  • FarPoint.Web.SpreadJ.dll

 SPREADは、一覧表示系のコンポーネントなので、データセットと連結して複数データを表示してこそ真価を発揮します。実行している環境の環境変数を取得してデータセットに格納するコードを用意し、そのデータセットを表示するためのコードを記述します。

リスト1 SPREADにデータセットの内容を表示する例
Public Class CZ1102Spread
    Inherits System.Web.UI.Page

    Protected Sub Page_Load(ByVal sender As Object,
                            ByVal e As System.EventArgs) _
                        Handles Me.Load
        If Not Me.IsPostBack Then
            Call GetRecords()
        End If
    End Sub

    Private Function GetRecords() As Boolean
        Dim ds As DataSet

        Using _proc As New CZ1102DataClass
            ds = _proc.GetRecords
        End Using
        Me.CZ1102_FpSpread.DataSource = ds
        Me.CZ1102_FpSpread.DataBind()
        Return True
    End Function
End Class

 準備ができたので、Windows Azure開発環境のEmulatorで動作するかを確認してみます。問題なく動作する事が確認できました。

図9 SPREAD for ASP.NETのWindwos Azure開発環境での実行結果
図9 SPREAD for ASP.NETのWindwos Azure開発環境での実行結果

SPREAD for ASP.NETをWindows Azureにデプロイして動作させてみる

 ローカル開発環境での実行が確認できたので、ソリューションにあるWindwos Azureプロジェクトを右クリックして[発行]メニューを選択します。発行が完了したら、Windows Azureにアクセスして動作を確認します。

図10 SPREAD for ASP.NETのWindwos Azure実環境での実行
図10 SPREAD for ASP.NETのWindwos Azure実環境での実行

 アイコンなども含めて正常に動作していることが確認できました。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(ComponentOne Studio)

もっと読む

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

     国内SIerのSEでパッケージ製品開発を主に行っており、最近は、空間認識や音声認識などを応用した製品を手掛けています。  個人的には、仕事の内容をさらに拡張したHoloLensなどのMRを中心に活動しています。  Microsoft MVP for Windows Development...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5