Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

インストールマニアックス ~ グレープシティコンポーネント meets Windows Azure

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/04 14:00

 Windows Azureでは、SDK 1.3から従来のASP.NETアプリケ―ションを動かしやすくなっています。そこで今回は、グレープシティが提供するASP.NET向けのコンポーネントを使ったアプリケーションを、Windows Azureで動作させるためのコード変更なしにWindows Azureで動作させ、その挙動をチェックしてみたいと思います。

目次

ASP.NETをコード変更なしにWindows Azureで動かしてみる

 グレープシティが販売しているコンポーネントには、ASP.NET向けの製品が多数あります。

ASP.NET 4で使えるコンポーネント一覧
  • ComponentOne Studio for ASP.NET 2010J
    • GridView for ASP.NET
    • TrueChart for ASP.NET
    • Reports for ASP.NET
    • Calendar for ASP.NET
    • Schedule for ASP.NET
    • Accordion for ASP.NET
    • Menu for ASP.NET
    • NavPanel for ASP.NET
    • ToolBar for ASP.NET
    • ToolTip for ASP.NET
    • TreeView for ASP.NET
    • Expander for ASP.NET
    • HeaderContent for ASP.NET
    • MultiPage for ASP.NET
    • Splitter for ASP.NET
    • TabControl for ASP.NET
    • TabStrip for ASP.NET
    • Window for ASP.NET
    • ComboBox for ASP.NET
    • Editor for ASP.NET
    • Input for ASP.NET
    • Slider for ASP.NET
    • PDF for .NET
    • XLS for .NET
    • ZIP for .NET
  • MultiRow for ASP.NET 1,0J
  • SPREAD for ASP.NET 5.0J
  • ActiveReports for .NET 6.0J
  • InputMan for ASP.NET 3.0J
  •  これら.NET Framework 4上のASP.NETで動作するコンポーネントは、Windows Azureで使えるのでしょうか。

     Windows AzureのSDK 1.2までは、WebRoleがHosted Web Core上で動作していましたが、SDK 1.3からIIS(w3wp.exe)上でWebRoleを動作させるモード(フルIISモード)がデフォルトになるなど、従来のASP.NETアプリケ―ションを動かしやすくなっています。そこで今回は、ASP.NET向けのコンポーネントについて、Windows Azureで動作させるためのコード変更なしにWindows Azureで動作させ、その挙動をチェックしてみたいと思います。

     なお、基本的に、該当のコンポーネントをASP.NET Webフォームに配置しただけの状態で、コード変更を行わずにWindows Azure上へ配布して動作確認を行いますが、参照設定しているコンポーネントのDLLについては、Windows Azure上へコピーするために参照設定の[ローカルコピー]プロパティを「常にコピーする」に変更しています。

    ※注1

     今回の記事は、グレープシティの保証対象外の使い方をしています。また、筆者としても実際の業務アプリケーション構築案件としては未使用のため、業務アプリケーションとしての使用に耐えうるかは未知数です。Windows Azureのアーキテクチャーとグレープシティのコンポーネントの特性を踏まえて「動くかも!」と試してみた結果になりますので、あらかじめご了承ください。

    Windows Azureアプリケ―ションの基本的な作り方

     Windows Azure SDKを導入したVisual Studio 2010には、テンプレートとして「Cloud」が追加され、Windows Azure Projectが新規作成できるようになっています。

    図1 Windows Azure Projectの新規作成
    図1 Windows Azure Projectの新規作成

     プロジェクトを作成すると、Windows Azure上に設置するロールを選択するダイアログが表示されるので、「ASP.NET Web Role」を選択します。

    図2 「ASP.NET Web Role」を選択
    図2 「ASP.NET Web Role」を選択

     Windows Azure Projectのテンプレートで新規作成を行うと、2つのプロジェクトが含まれたソリューションが生成されます。試しに実行してみると、「Compute Emulator」と「Storage Emulator」が起動し、その上でWindows Azureアプリケ―ションが動作します(実行には、「SQL Server Express Edition」などローカル実行されているSQL Serverが必要)。

    図3 Windows Azureアプリケ―ションの開発実行環境
    図3 Windows Azureアプリケ―ションの開発実行環境

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

     国内SIerのSEでパッケージ製品開発を主に行っており、最近は、空間認識や音声認識などを応用した製品を手掛けています。  個人的には、仕事の内容をさらに拡張したHoloLensなどのMRを中心に活動しています。  Microsoft MVP for Windows Development...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5