CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

インストールマニアックス ~ グレープシティコンポーネント meets Windows Azure

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/04 14:00
目次

Schedule for ASP.NETのAzure動作検証

 ComponentOne Studio for ASP.NETに含まれている多くのASP.NET用コンポーネントの中から、まずは、Schedule for ASP.NETを試してみたいと思います。このコンポーネントは、Outlookの予定表のような画面を、コントロールを貼りつけるだけで実現できるものです。

Schedule for ASP.NETをWindows Azure開発環境で動作させてみる

 まず、WebRole側のプロジェクトにaspxファイルを新規追加し、ツールボックスからSchedule for ASP.NETをドラッグ&ドロップします。すると、次のようなデザインが表示されます。

図4 Schedule for ASP.NET
図4 Schedule for ASP.NET

 Windows Azureの実環境には、もちろんSchedule for ASP.NETはインストールされていないので、コンポーネントのDLLを一緒に配布しなければなりません。

 そこで、「C1.Web.UI.3.dll」と「C1.Web.UI.Control.3.dll」を参照設定して、プロパティウィンドウの「ローカルコピー」欄をTrueにします(VBの場合、参照設定を指定してプロパティウィンドウに表示するためには、ソリューションエクスプローラで「すべてのファイルを表示」をOnにする必要があります)。

図5 必要なコンポーネントをローカルコピー
図5 必要なコンポーネントをローカルコピー

 プログラムコードとしては何も手を加えていない状態ですが、このまま実行してWindows Azure開発環境のEmulatorで動作するかを確認してみると、問題なく動作する事が確認できます。

図6 Schedule for ASP.NETのWindows Azure開発環境での実行結果
図6 Schedule for ASP.NETのWindows Azure開発環境での実行結果

Schedule for ASP.NETをWindows Azureにデプロイして動作させてみる

 ローカル開発環境での実行が確認できたので、ソリューションにあるWindwos Azureプロジェクトを右クリックして[発行]メニューを選択します。発行が完了したら、Windows Azureにアクセスして動作を確認します。

図7 Schedule for ASP.NETのWindows Azure実環境での実行結果
図7 Schedule for ASP.NETのWindows Azure実環境での実行結果

 アイコンなども含めて正常に動作していることが確認できました。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(ComponentOne Studio)

もっと読む

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

     国内SIerのSEでパッケージ製品開発を主に行っており、最近は、空間認識や音声認識などを応用した製品を手掛けています。  個人的には、仕事の内容をさらに拡張したHoloLensなどのMRを中心に活動しています。  Microsoft MVP for Windows Development...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5