Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Computing Research Association、2009~2010年Taulbee調査報告書を発表

原文:Computing Research Association publishes 2009-2010 Taulbee survey

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/13 14:00

 5月9日の午後、Computing Research Associationが自身のWebサイトにて、コンピュータサイエンスプログラムに関する2009~2010年Taulbee調査報告書を発表しました。 (原文:Computing Research Association publishes 2009-2010 Taulbee survey、2011/05/09投稿)

本稿はデータベースソフトウェア「SQL Anywhere」およびデータベース全般に関する英語ドキュメントを翻訳する形で提供しています。図など、部分的に英語のままになっていますが、製品のSQL Anywhere自体は完全に日本語化されていますのでご安心ください。
※編集部注:掲載しているブログ内容は執筆時点での情報のため、現在とは異なる場合があります。

 5月9日の午後、Computing Research Associationが自身のWebサイトにて、コンピュータサイエンスプログラムに関する2009~2010年Taulbee調査報告書を発表しました。

 先月、ComputerworldのPatrick Thibodeau氏がTaulbee調査結果のプレビューで述べていたように、登録者数は前年比約10%増です。プログラムによっては女性の登録者数が2008~2009年よりわずかに増加しているケースもあり、心強い限りです。しかし、コンピュータサイエンスプログラムにおける女性の数は男性に比べて引き続き著しく後れを取っています。

  • 博士号プログラムでは、女性の修了者は全体の18.8%で、前年度の20.8%から減少しています。
  • 学士号プログラムでは、女性の修了者はコンピュータサイエンス、コンピュータ工学、情報システムの各コースを合わせたプログラム全体の13.8%で、前年度(11.3%)から2%以上増加しています。

 残念ながら、一部の数字はどの大学がCRAの調査に回答したかに影響を受けている可能性があります。今年は調査への参加者が減少しており、特にカナダでの減少が目立っているからです。

 カナダでは、コンピュータサイエンスの新規専攻者の数が3年連続で4%近く増加したが、専攻者の総数を見ると8%近く減少した。カナダでの学士号の授与数は15%以上増加した。これらの傾向には、特定の学科から寄せられた報告が大きな影響を与えている。

 そのため、カナダのコンピュータサイエンスプログラムの参加者が全体で増加しているかどうか、およびこれらのプログラムに参加する女性の比率が本当に増加しているかどうかは判断が難しいところです。

 Patrick ThibodeauによるComputerworldの記事へのリンクを教えてくださったクイーンズ大学(オンタリオ州キングストン)のWendy Powleyに感謝します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Glenn Paulley(Glenn Paulley)

    カナダ オンタリオ州 ウォータールー R&DセンターにてSQL Anywhere 開発における Director of Engineering としてクエリ・オプティマイザなどの開発をリードしている。 ・IvanAnywhere

バックナンバー

連載:Glenn Paulley氏 データベース関連ブログ 翻訳記事

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5