Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

入力検証機能を持ったSilverlightアプリケーションの作成

InputMan for Silverlight 1.0JのGcValidationIndicatorコントロールを使ったWebページの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/13 14:00
目次

GcValidationIndicatorコントロールについて

 検証インジケータGcValidationIndicatorコントロールは、入力値の検証結果を表示する通知機能を、入力コントロールに追加する機能を持ったコンポーネントです。

 指定されたコントロールにて発生した例外をキャッチし、コントロールの近傍でエラーアイコンを点滅表示することで、エラーが発生したことをユーザーに知らせます。また、エラーアイコン上でマウスを移動すると、エラーの内容がツールチップで表示されます。

 GcValidationIndicatorコントロールを使うには、2通りの方法があります。1つは、バインディングの機能を使用してデータ検証を行う方法です。入力検証用の.Net Framework Bindingオブジェクトを作成し、各プロパティの Setterで入力チェック処理を行い、例外をスローするように実装します。この方法は、まずSystem.ComponentModel.DataAnnotations名前空間にある「Validator」という検証用ヘルパークラスを使って、検証機能を持った独自のクラスを作成し、Bindingオブジェクトを使って検証対象コントロールにバインディングします。そして、発生した例外をGcValidationIndicatorコントロールがキャッチし、コントロールに対してエラーメッセージの表示とアイコンの点滅を実行します。

 もう1つは、各コントロールのイベントハンドラの中で、GcValidationIndicatorクラスのMarkErrorメソッドを使用して入力検証を行い、指定されたエラー内容でエラーアイコンを表示する方法です。この方法では、検証インジケータによるエラー通知のタイミングをイベントハンドラを使うことで、任意に制御できます。Stringクラスのメソッドを使ってコントロールの入力内容をチェックし、MarkErrorメソッドで表示する文字列やフォントの色を指定し、メッセージを表示できます。

 また、エラー表示のアイコンは、GcValidationIndicatorクラスの「BlinkStyle」プロパティを使って点滅表示の方法を指定できます。このプロパティの値が「AlwaysBlink」のときは常に点滅表示となり、「BlinkOnValidate」のときは、数回点滅した後点灯状態となります。また、「NeverBlink」のときは、点滅表示は行わず、常に点灯状態となります。

Webページの作成

 では、さっそくWebページを作成してみましょう。使用するWebページは、前回の記事と同じページのデザインを使用します。

 まずグリッドを9行1列(行数は適当)に設定します。そして、1番上の行にタイトルを設定し、2行目と3行目にSilverlight標準のTextBoxとTextBlockコントロールを配置します。4行目には、TextBlockとGcTextBoxコントロールを配置します。入力コントロールを配置したそれぞれの行の最後に、GcValidationIndicatorコントロールを配置します(GcValidationIndicatorコントロールの設定は後述します)。

コントロールのレイアウト(GridのShowGridLinesプロパティを「True」にしてグリッド線を表示しています)
コントロールのレイアウト(GridのShowGridLinesプロパティを「True」にしてグリッド線を表示しています)

Silverlightプロジェクトの作成

 まずは、Silverlightプロジェクトの作成からです。

 Visual Studio 2010 Silverlight Tools 4.0をインストールし、Visual Studioで新しいプロジェクトを作成すると、[プロジェクトの種類]に[Silverlight]が追加されています。これを選んで[テンプレート]から[Silverlightアプリケーション]を選びます。

[Silverlightアプリケーション]を選ぶ
[Silverlightアプリケーション]を選ぶ

 [新しいSilverlightアプリケーション]というダイアログボックスが表示されますので、[新しいWebプロジェクトの種類]でリストから[ASP.NET Webサイト]を選びます。

リストから[ASP.NET Webサイト]を選ぶ
リストから[ASP.NET Webサイト]を選ぶ

 プロジェクトが作成され、新しいWebサイトに「MainPage.xaml」が作られてXAMLのコードが表示されます。このXAMLコードに、以下の名前空間を追加します。

xmlns:im="http://schemas.grapecity.com/windows/2010/inputman"

 この名前空間の追加によって、XAMLでInputMan for Silverlightの各コントロールを使うことができるようになります。

 そして、プロジェクトの[参照の追加]を使って、次の参照を追加します。

  • GrapeCity.Silverlight.InputMan.dll
  • GrapeCity.Silverlight.InputMan.Common.dll
[参照の追加...]を選び
[参照の追加...]を選び
[GrapeCity.Silverlight.InputMan.dll][GrapeCity.Silverlight.InputMan.Common.dll]を選ぶ
[GrapeCity.Silverlight.InputMan.dll][GrapeCity.Silverlight.InputMan.Common.dll]を選ぶ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(InputMan)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5