CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

3DCGツール「MikuMikuDance」のエフェクトを拡張する「MikuMikuEffect」
エフェクトの種類と編集方法

MikuMikuEffectで学ぶHLSL入門(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/21 14:00
目次

エフェクトの適用方法

シェーディングエフェクトの適用方法

 シェーディングエフェクトを使用する場合、ユーザ側でエフェクトを適用するモデルを指定する必要があります。

モデルの読み込み

 まずはモデルを読み込みます。今回はMMD同梱モデルの「初音ミクver2.pmd」を読み込みます。

load0
load0

 MMD起動後、モデル操作欄の[読込]ボタンを押します。

load1
load1

 ファイルを開くダイアログが表示されるので、初音ミクVer2.pmdを選択し、モデルを読み込みます。

load2
load2

 読み込んだ直後はすべてのボーンが選択された状態なので、選択ボタンを押し選択を解除しましょう。

 読込ボタンを利用した読み込み方法の他に、pmdファイルをドラッグ&ドロップすることで読み込むことも可能です。

load3
load3

エフェクトの適用

 任意のモデル読み込み後、画面右上にある[MMEffect]タブを選択し、[エフェクト割当]メニューを選択してください。

適用説明0
適用説明0

 エフェクトを適用させるモデル名をダブルクリック、もしくは[ファイル選択]を選択すると[ファイルを開くダイアログ]が表示されます。

 今回は記事に添付されているサンプルのエフェクトファイル、「Color.fx」を選択します。

適用説明1
適用説明1

 また、エフェクト割当時にモデル名の上で右クリック、[サブセット展開]を選択することで、エフェクトをモデルの材質ごとに適用することも可能です。

適用説明2
適用説明2

 サブセットごとにエフェクトを指定することで、服の色や質感を変更するなど、より多彩な表現が可能です。

適用説明3
適用説明3

ポストエフェクト、オブジェクトエフェクトの適用方法

 ポストエフェクト、オブジェクトエフェクトには専用のモデルデータ(エフェクト名.xもしくはエフェクト名.pmd) が付属していますので、そのモデルデータを読み込めば自動的にエフェクト割当が行われます。

オブジェクト非表示設定

 蛇足ですが、MMEの機能としてエフェクトの適用の他に材質単位での非表示を行うことができます。サブセット展開で特定材質を指定して非表示にすることで……。

 

 周囲をよく確認した上、自己責任でお試しください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2011/07/12 23:22 第三稿_執筆完了

  • 2011/07/12 13:53 記事修正・第二稿

  • 2011/07/11 11:22 pmd読み込み解説追加

  • 2011/07/07 22:41 第一稿

バックナンバー

連載:MikuMikuEffectで学ぶHLSL入門

著者プロフィール

  • ビームマンP(ビームマンピー)

    ニコニコ動画等でMikuMikuEffect用シェーダプログラム開発者として活動。 開発を始めた理由はカッコいいビームやミサイルが作りたかった為。 エフェクト配布用サイト http://www43.atwiki.jp/beamman/

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5