Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

jQuery対応グリッドをASP.NET MVCで利用し、リッチな表現を簡単に実現する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

DBの構造

 このサンプルのApp_DataにはShoppingMall.mdfという名前のDBが存在し、Mallテーブルで各ショッピングモールの情報を保持しています。テーブルのスキーマは以下のとおりとなっています。

列名 データ型 Nullを許容
ID(主キー) Int No
Name nvarchar(50) No
OpenTime time(7) No
CloseTime time(7) No
ShoppingCart Bit No
PhotoStudio Bit No
MedicalRoom Bit No
ChildService Bit No
ShippingService Bit No
PrintingService Bit No

 このデータを取得するためにEntity Frameworkを利用します。

ADO.NET Entity Data Modelを作成

 Modelsフォルダーに新しくADO.NET Entity Data Modelを作成します。モデル名はShoppingMallDataModelと名付けます。

図5 Entity Data Modelの作成
図5 Entity Data Modelの作成

 ウィザードにおいてデータベースからモデルを作成していきます。

図6 データベースからモデルを生成
図6 データベースからモデルを生成
図7 App_DataフォルダーのDBファイルへの接続を設定
図7 App_DataフォルダーのDBファイルへの接続を設定
図8 モデルに追加するテーブルを選択
図8 モデルに追加するテーブルを選択

 これでEntity Data Modelの作成が完了しました。

DBからリスト項目を取得

 ModelsフォルダーでMallModelクラスを作成し、先ほど作成したEntityDataModelを用いてDBからリスト項目を取得するStaticメソッドを実装します。この際、メソッドの戻り値の型はIQueryable<>を指定します。

MallModel.cs
public class MallModel
{
    public static IQueryable<Mall> GetMallList()
    {
        ShoppingMallEntities entities = 
                new ShoppingMallEntities();
        // Mall 一覧を返す
        return entities.Mall.AsQueryable<Mall>();
    }
}

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Infragistics NetAdvantageチュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5