SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Windows Azure新機能チュートリアル

Windows Azure Webサイトで利用するNode.js

Windows Azure 新機能チュートリアル(17)

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿では、2012年6月の新機能リリース(通称 Spring Release)で強化されたNode.jsの利用方法について解説します。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 今回は2012年6月のリリースによって発表された、Windows Azure Webサイト上でWebMatrix 2やGitからNode.jsを利用する方法について解説します。

対象読者

 今回の対象読者は下記のとおりです。

  • 過去連載内容程度のWindows AzureとNode.jsの知識

必要な環境

  • Windows Azure SDK for Node.js Augusts 2012

2012年6月リリースの強化ポイント

 2012年6月のリリースではNode.jsに関する多くの機能強化が行われ、Windows Azure上でより簡単にNode.jsを動作させられるようになりました。これら追加機能は後ほど説明するWindows Azure Webサイト(以降Webサイト)を基点とし、以下のポイントが強化されています。

  • WebMatrix 2でのNode.jsサポート
  • Gitからの配置サポート
  • Linux/Mac OS上での開発環境サポート

 本稿では、これらのうちWebMatrix 2とGitからの利用方法について解説していきます。

Webサイトとは

 はじめにNode.jsの機能を利用するうえで必須なWebサイトについて説明します。Webサイトとは、Windows Azure上で提供される共有ホスティング環境です。現在はプレビュー版として提供されており無料で評価することができます。以前の連載記事で解説した「Webロール アクセラレーター」がより機能追加されAzureの一機能として提供されるようになったと言えるでしょう。

 Webサイトでは、Node.jsの他にASP.NETはもちろんPHPを利用することができます。またいくつかのテンプレートが用意されており、WordPressやDrupal、DotNetetNukeなど人気のあるオープンソースアプリケーションを短時間で構築することができます。

 それでは、はじめにWebサイトの作成方法から説明します。

Webサイトの作成

 今回のリリースとともに管理ポータルもSilverlightからHTML5をベースとしたものに変更されています。いくつかの機能は旧来の管理ポータルからしか利用できません。また、追加された新機能は、これとは逆に新しい管理ポータルからのみ利用可能で、Webサイトも同様です。

1. プレビュー機能を申し込む

 先ほども説明したとおり、現在Webサイトはプレビュー版です。従ってWebサイトを利用するためには申し込みが必要です。以下のページより申し込んでください。しばらくして利用可能になった旨のメールが送信されてきます。

2. Webサイトの作成

 「新しい管理ポータル」にアクセスします。左ペインの[WEB SITE]を選択し、中央の[CREATE A WEB SITE]をクリックします(図1)。

図1 Webサイトの管理画面
図1 Webサイトの管理画面

2. Webサイトに必要な情報を設定する

 新規作成画面が表示されます。[QUICK CREATE]を選択し、URLにサイト名を入力します。最後に[CREATE WEB SITE]をクリックすれば完了です(図2)。

図2 Webサイト 情報の設定
図2 Webサイト 情報の設定

 プレビュー版であるため、リージョンは自由に選択できず、申し込んだ時期によって利用できるリージョンが異なります。作成したWebサイトのURLは、サイト名.azurewebsites.netとなります。

 Webサイトでは、他にもDB付きのサイトや、ギャラリーからテンプレートを利用しWord Pressなどのサイトを簡単に構築することができますが、ここでの説明は省略します。

3. Webサイト作成後の確認

 StatusがRunningになると、Webサイトの作成が完了です(図3)。

図3 Webサイト作成完了
図3 Webサイト作成完了

 URLをクリックし、初期画面が表示されれば正しくWebサイトが作成されています(図4)。

図4 Webサイトの初期画面
図4 Webサイトの初期画面

 これでWebサイトの作成は完了です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
WebMatrix 2から利用する

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Azure新機能チュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/6775 2012/10/03 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング