Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

追加ストレージなしでサーバー移行を可能にするオープンソース仮想化ソフト

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/11/15 12:16

OpenVZプロジェクトはライブマイグレーション機能と仮想イーサネットデバイス機能を搭載した、オープンソース仮想化ソフトOpenVZの最新安定版を発表した。

 OpenVZプロジェクトは米国時間の11月14日、Linux 2.6.9に基づくカーネル形式のOSレベルのサーバ仮想化ソフトが利用可能になったと発表した。安定版としては初めてライブマイグレーション機能と仮想イーサネットデバイス機能を搭載している。

 OpenVZはLinuxで構築されたOSレベルのサーバ仮想化ソリューション。1台の物理サーバ上に隔離された安全な仮想環境を作成することにより、パフォーマンスを損ねることなく、サーバの利用効率向上を可能にしている。

 最新のOpenVZカーネルソフトウェアはOpenVZのWebページよりダウンロードができる。またユーザは、OpenVZ wiki Quick_installationよりインストレーションの参照が可能。

プレスリリース:OpenVZ Delivers Live Migration Capability in Latest Open Source Virtualization Software
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5