Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グーグル、「インターネット経済調査報告書」2014年度版を発表、アプリの日本経済への貢献度も詳しく分析

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/26 15:10

 グーグルは2月26日、インターネットの日本経済への貢献を調査・分析した「インターネット経済調査報告書」2014年度版を公開した。調査は野村総合研究所と実施。特にスマートフォンの台頭から生まれたビジネス領域を新しく「アプリ経済」(App Economy)と定義し、同領域の日本経済への貢献について詳しく分析しているという。

 この報告書では、インターネット産業の成長による経済的効果、および各産業におけるインターネット利用の経済的効果について、定量的・定性的に検討。定量的な効果の検討においては、各種の統計資料に加え、独自のユーザーアンケート(就業者、消費者)を実施した。調査の主な結果は次のとおり。

  • 2013年度における日本のアプリ経済の市場規模は約8200億円。
  • 2014年時点で、56.5万人分の雇用を生み出している。
  • 2011~2013年度にかけて、年平均成長率90%という高い数値を示した。
日本国内におけるアプリ経済(App Economy)
日本国内におけるアプリ経済(App Economy)

 

 2011年では19.2兆円[1]だったインターネットGDPは、2014年度には約23兆円にまで伸長。日本を代表する輸送用機械器具製造業(自動車製造業など)を超え、運輸業に相当する規模にまで成長したことも明らかになった。さらに、クラウドサービスなどのインターネットを利用した企業で、約9兆円にあたる生産性の向上を達成するとともに、店舗での消費の約22%にインターネット経由の情報収集が寄与していることも判明。「日本経済全体の成長には、その産業規模や成長性に限らず、インターネットの活用が不可欠だと分かる」と、グーグルは述べている。

 なお、日本国内だけでなく、アプリ経済やモバイル・インターネット経済が海外でも、経済成長を支えるものとして注目されつつあるという。2015年2月10日に英国・ロンドンで発表されたボストン コンサルティング グループの報告書(英語のみ)では、消費者がファーストフードよりもモバイルにお金を使うようになっていることや、モバイルを利用することによって、デバイス本体の価格を上回る大きな経済的価値を得ていると報告。その金額は総額350兆円にのぼるという。

[1] ただし、狭義のインターネット産業の経済貢献を数値化したもの。

 【関連リンク】
インターネット経済調査報告書」2014年度版
グーグル
野村総合研究所(NRI)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5